« パッチギ!(박치기!)--その2 | トップページ | 三月末の名残雪 »

2006年3月27日 (月)

パッチギ!(박치기!)--その3

さて、「パッチギ!」に対して個人的な思い出を・・。
ちょっと裏話とひとり言です。

Pacchgi1  物語の舞台は京都。 哲学の道付近で話は始まる。 映画で康介の学校は京都東高校という名前になっているが、なぜか私の頭の中では東山高校とダブってしまう。 周辺の景色から古い記憶がそうさせてしまうのか? おかしい。 東山ですよねぇ監督っ。
 裏の話をすると親善サッカーの(撮影された)グランドは比叡山高校のグランドなのだ。
 これまた私の今の住居に近い、そうあの高校野球の比叡山高校。 ああ何てローカルな話題なんでしょ。

Pacchigi3  康介が半信半疑のキョンジャに誘われて出かけていった酒宴の場面。 キョンジャの口から柔らかい関西弁が「ほんまに来たん?」 円山公園での出来事。
 ござを敷いて一席やっているあの風景はなんとも見慣れた風景。 京都の人なら誰でも丸山公園だとわかってしまう。
 国に帰ろうと決心したキョンジャの兄で番長のアンソンを送る親族による歓送会の席だった。 初めて康介は彼らと打ち解け、カンゲ(康介の韓国読み)と呼ばれ家族みたいになる。 ぜんぜん家族ではないんだけれど一旦知り合って打ち解けたら向こうの国では家族同然に大切にしてくれるのだ。

 後半の鴨川周辺。 ここいらは本当に懐かしい。 実際に私が少年時代をすごした地域での出来事。 確かに高橋(たかばし:九条通りの東の端で鴨川にかかった大きな橋。昔の国道一号線でかつては市電も走っていた)の下には映画に出てくるそっくりのぼろ鉄やらゴミ回収業者があった。
 カンゲがやりきれない気持ちでギターをたたきつけて壊しちゃった橋の手すりって高橋の下にあった橋? 自転車にまたがったまま友達と駄弁るときに足安めになったところだ。
 本町通りには大人の映画館八千代館もあったと思う。 その隣の電気屋さんは同級生の家だった。
 鴨川のへりの集落は、母からあまり行くなととめられていた地域でもあった。 そうだ! まさにそこがパッチギの舞台だった!

 先日、機会があって何年かぶりに散歩したら、だいぶん景色は変わっていた。 川から東の方は川端通りが立派な道路になっているし、塩小路周辺もマンションの群れ、京都駅側は高瀬川公園化計画。 南の方は少し古い景色が残っているのだろうか。

Pacchgi6  1968年というと私が少年のころ。 まるで自分が暮らしていたその暮らしのすぐ横で展開された事実をレポートされたような内容なのだ。
 井筒監督は奈良出身ではなかったのですか?
 なんでそんなによく知っているの?
Pacchgi4  学校同士の大規模な喧嘩やリンチ事件(実際どの程度のものだったか覚えていないが)学校の硝子全壊、そんな事件が時々起こった。 眠っていた記憶がよみがえってくる。

 もうすぐ桜の季節、この鴨川沿いは素晴らしい花見スポットとなる。
 休みの日にでも一度ゆっくり歩きに行ってみよう。

|

« パッチギ!(박치기!)--その2 | トップページ | 三月末の名残雪 »

コメント

明洞のCQNで観てきました。日本のスタッフがいて素晴らしい韓国語で案内してもらいました。
映画の中で何回も歌われたイムジンガワという曲は涙が出るほどすごく悲しかったですね。
韓国では前より日本の映画の開封数が増えました。「NANA」、「スウィングガールズ」、「リンダリンダリンダ」、「今日の出来事」など青春物がおおいですけれども楽しみです~

投稿: 申貞水 | 2006年3月30日 (木) 10時05分

申さん
こんにちは、コメントありがとうございます。
日本人スタッフの素晴らしい韓国語だなんて、申さんこそソウル在住の韓国人とは思えない素晴らしい日本語の書き込み。びっくりしてしまいます。
コメント読んだ人は誰も申さんが韓国人だとは思っていませんよ ^^;
「パッチギ!」をすでに見られたなんて、さすが日本通ですね。 ♪イムジン河♪は重い悲しいだけでなく私にはそれを乗り越えていこうというエネルギーみたいなものを感じました。
「NANA」「スウィング…」「リンダ…」などは私も韓国のサイトで知って後で日本の映画だって分かったものです。韓国と日本とでどんどん文化交流が進み、面白いことになってきていますね。
では、また遊びに来てくださいね。

投稿: かつ | 2006年4月 1日 (土) 02時40分

かつさん 韓国からおかえりなさ~い♪
当方へTBとコメありがとうございました。
こちらからもTBをお返ししたかったのですが、送信できずに残念です。
ところで、まさにかつさんの身近にこの映画の舞台があったのですねぇ。
一層、この映画への思い入れも強くなったのでしょうね。
「イムジン河」の曲は、我が家の近くにある朝鮮初級学校のイベントでも必ず最後に歌われています。
舞台で歌う女性が、色鮮やかなチマチョゴリ姿で、透き通るような声で歌うのです。
この映画の重要なメッセージがこの曲に込められていましたね!
ねぇ、かつさん、こちらのレビューが「その3」となっているってことは、「その1」と「その2」もあるんですよね。
そのレビューも拝見したいので探してみます!

投稿: なぎさ | 2007年5月28日 (月) 09時07分

はーい、なぎささん

ようこそ、いらっしゃいました。
私にとって、不思議なほど身近なパッチギの世界。
イムジン河を歌うフォーククルセイダースというのもメッチャ
懐かしいですよねー。

後でトラックバック禁止解除しますので、ぜひぜひ
トラバってください。 ゴメンナサ~イ。

投稿: かつ | 2007年5月30日 (水) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21114/1179494

この記事へのトラックバック一覧です: パッチギ!(박치기!)--その3:

» パッチギ!を観た [男の世界って・・・。]
井筒監督の「パッチギ!」を観ました。 母校が、撮影現場になっておりました。 懐かしい風景が見の前に飛び込んできました。 えっ! ということは何十年経っても学校が奇麗になっていないという証拠。 やっぱり、母校は素晴らしい。 ケンドーコバヤシも出てるぞ。 人気blog..... [続きを読む]

受信: 2006年4月12日 (水) 06時49分

« パッチギ!(박치기!)--その2 | トップページ | 三月末の名残雪 »