« 동갑내기 과외하기: 同い年の家庭教師 | トップページ | 품행제로:品行ゼロ »

2006年5月17日 (水)

美容室・韓国と男女感

 では今から韓国でも「男性が美容室に行く」という、つまらない話しをするぞ。

 誰も読まないと思うが、もともと私のブログはこういうブログだったはず。いつの間にか映画ブログのようになってしまった。 それはそれでいいんだけどね。

 さて美容室というと、中学生の息子が初めて美容室に行った。 カットしてくれた人が「こないだ(あなたの)お父さんのカット担当したよ」と言っていたらしい。 なんだか恥ずかしい。
 ここ暫く理容ではなく美容室に通っている。 まず、予約制になっているのが嬉しい。 散髪屋さんだと待ち時間が長く下手をすると一日仕事になってしまう。
 それからお店の柔らかいムードが良い。 もともと女性を対象にしたお店という印象があって少し気は引けるのだが。

 ところで韓国の男性は美容室に行くのかというと、我々と同じように普通に行くのだそうだ。 この話を聞いたときには意外に思った。「男は男らしく、女は女らしく」といことが美しいとされるお国だから、男性が女性の縄張りに入り込むようなことは無いかと思っていた。

 韓国の街を歩くと、特にソウル以外の街で、ほとんどの店舗は中が見えにくく、特に飲食店にあっては玄関の戸をあけなければ中の様子が全く分からない。 一般の食堂に入るという行為は我々日本人には勇気のいる技だ。 それだけクローズな雰囲気のお店が普通。 それになれたシャイな彼らがソウルで見かける明るくオープンなガラス張りの美容室に入る姿は想像しにくいのだ。

 男女の区別が日本以上にはっきりしているみたいだし。 お風呂の混浴なんてのは考えられないという話はまだしも、どこかで読んだ本によるとプールに一緒に入るのもはばかられるのだとか。(いつの時代の話かは知らないが。)
 そういえば先日、韓国人の知人が銭湯の前を通ったとき「男女が一緒に入るのか?」と私に訊ねたが日本の外風呂は全部混浴だと思ってるの?

 余計な話はともかくとして男女の間には日本とは違う高いエネルギーレベルの壁があるのだ。
 歴史の根底に流れる儒教の教え。その影響を根強く残している韓国という国。男尊女卑の考えは急速に薄らいでも、そのころの後遺症は日本とチョット違った男女間の化学反応が生じるのだ。
 という戯け話は、私独りの勝手な思い込み。そして大きな誤解なのだろうか。

 美容室にて思いにふける…『韓国と男女感』…ふむむ。

|

« 동갑내기 과외하기: 同い年の家庭教師 | トップページ | 품행제로:品行ゼロ »

コメント

申し遅れましたが私は在日韓国人です。といっても去年帰化しておりますが。そんな中立的(?)な立場で考えても、かつさんのおっしゃる通りだと感じます。
確かに在日の家庭でみてみても、一昔前は特にそういう感覚が強かったと思います。兄妹では兄が絶対!的な感覚が当たり前にあったというか…。ただ家庭によってもその幅は違いますし、急速に男尊女卑の考えが薄らいでいっているのも確かでしょうね。
日本と同じ道を急速に進んでいるような気がしますが、変化と共にその国の持つ良い面までもが失われてしまわない事を願います。

以外だったのは、日本同様に韓国も銭湯文化だと思っていました。私の町には在日が多く住んでいて、いたるところに銭湯があるので勝手に韓国人が銭湯好きだからと思っていましたが…^^;

投稿: aki | 2006年5月17日 (水) 14時55分

あらら、akiさん こんにちは
この記事は誰も読まないと思っていたのにコメントが付いちゃって驚いています。
さらに akiさんが在日さんだったなんて全然気づきませんでしたよ。
さて、私も韓国が日本と同じような道を歩んでいるのはその通りだと思っています。最近韓国に行く用事がなくなってしまって寂しいのですが、韓国に行くと懐かしい気持ちになるのです。韓国が日本より遅れているという意味ではありませんが20年から30年ぐらい前の日本の空気に似ているのです。
できたら、韓国は日本と同じ道を歩まないで欲しいと思います。日本の失敗事例をよく研究して欲しいです。たくさんある韓国の素晴らしい部分に自ら気づき大切にして欲しいと思います。
akiさん、私は、在日の方の気持ちはわからないのですが、blogでは好き勝手なことを書きますので反論がありましたら書き込みのほう宜しくお願いしますね。^^)

投稿: かつ | 2006年5月17日 (水) 22時06分

もちろんもちろん!ここはかつさんのblogですので、かつさんの書きたいことを好き勝手にお書きなってくださいね。映画以外の話題でも楽しいですよ(^^)

投稿: aki | 2006年5月18日 (木) 08時24分

韓国の人との会食で、「日本の男性は化粧してますか?」の驚くべき質問。

色々話していると、30代より若い世代の韓国男性は結構化粧や顔の手入れをしているとのこと。 驚きました。
日本でも同年代の男性は同じなんでしょうか?

美容院で思い出しました。

投稿: 夕凪 | 2006年5月21日 (日) 15時46分

夕凪さん、こんばんわ
日本でも30才以下の男性はある程度化粧していたりするのではないでしょうか。
でも私の周囲にはそんな人はいませんよ。
やっているとしたら、髪を染める。ピアスをつける。眉毛を抜く。ローションなどでお肌をいたわる。。。などでしょうか。
これだけ言えば昔から中高生の不良っぽい奴はやってましたよね。違うのは今の人はキレイになるためにやっているのですよね。
確かにキレイな男の子は居ります。一度どんなケアをやっているのか聞いてみないといけませんねぇ。
韓国でだったら、整形するってのがいそうですが。。。
ん゛~ん、私も世代が違うもので、実態は知りません。

投稿: かつ | 2006年5月21日 (日) 22時26分

かつさん初めまして^^
YASUKOと申します。TBありがとうございます!!…とはいえ最近blogを始めたばかりで、TBのこともよくわからないのですが…私のBlogもBlogらしく(?)なってきて嬉しく思っております☆
美容室で思い出しましたが、「従来韓国では男性は短くてさっぱりした髪型が男らしい・カッコイイとされていたが、最近では長髪やパーマをかける等おしゃれにも気を使うようになってきており、女性の男性に対する価値観も変わってきている…」という話を聞いたことがあります。男性がキレイになるのはもちろん女性側としても大歓迎ですが、そうなると女性もウカウカできないぞと…^^;
またお邪魔させていただきます!どうぞよろしくお願い致します☆

投稿: YASUKO | 2006年5月22日 (月) 13時33分

YASUKOさん、いらっしゃいませ。
 私のTB成功していたのですね。少しもうまくいかなかったので諦めていたのですが。確か結構古い記事にTB送らせてもらったと思います。
 さて、韓国の男性も最近は結構おしゃれになって来ているみたいですねぇ。若い人は髪を染めるのなんか当然みたいです。パーマをかけている人も結構多いですよ。でもまだまだ短い髪型がかっこいいみたいですし、多いのも事実ですね。
 俳優さんたちがどんどんお洒落な格好をするから、お洒落な人が増えるのでしょうね。カン・ドンウォンみたいな綺麗な男性も新しい韓国のアイデンティティのひとつかも。
 ところでYASUKOさんは、勉強熱心ですね。blogでもハングル頑張ってるみたいだし。私もコツコツとやっています。お互い頑張りましょう!

投稿: かつ | 2006年5月23日 (火) 01時23分

かつさん、こんばんは^^
韓国も日本もどんどんおしゃれに対する考え方が変わってきているのですね~~☆ついていけていないですが。。。^^;個人的には、男性の短い髪型が好きですが、カン・ドンウォンさんは特別で、すごく好きです*^^*
ハングルは始めたばかりで暗号解読状態です。。。^^;語学のみならず、こちらでいろいろ勉強させていただけたらと思います!よろしくお願い致します^^

投稿: YASUKO | 2006年5月24日 (水) 22時25分

YASUKOさん、また遊びに来ていただいて嬉しいです。
 韓国の進化するスピードはものすごいのですよ。日本は既に安定期に入っていますが、韓国という国は未だ冷戦状態ですからね。
 日本の大衆文化だって取り入れ始めたのは前大統領のキム・デジュンさんの時からだと言っても言い過ぎではないですからね。勿論古い文化をもった立派な国ですが、工業の面では、ほんの十年前でも日本とは大きな技術力の差があったわけで現在進行形の国です。物価だって、ほんの数年で1.3倍から2倍になったのではないでしょうか。
 だから、若い人たちは物凄く勉強しているし、センシティブです。とにかくエネルギーを感じる国です。
 おっと、つい熱く語ってしまいました。つまらないことを一生懸命言ってしまうのは私の悪い癖です。^^;
 YASUKOさん、ここで勉強だなんてプレッシャーかけたら駄目ですよ。私の独り善がりに付き合ってもらえたら、そんなに嬉しいことはないですけどね。よろしくお願いしますね。

投稿: かつ | 2006年5月25日 (木) 00時52分

この記事へのコメントは終了しました。

« 동갑내기 과외하기: 同い年の家庭教師 | トップページ | 품행제로:品行ゼロ »