« 바이 준 (bye June) : さらば愛しき人 | トップページ | 韓国体験記(3) - 常宿グリーンホテル<그린호텔> »

2006年7月19日 (水)

韓国体験記(2) - 私が辛口になった日<맛있는 김치>

 韓国のキムチは美味かった。

 公式 「韓国 = キムチ」 それは本当だ!

 私はもともとキムチというものをあまり食べなかったが、압구정アックジョン(狎鴎亭)の現代デパートの地下で食べたキムチの試食が私の口を変えた。

 ウマイ!

 何だこれは!
 日本で売られているキムチとは味が違う。

Hyundai  シーンとした涼しげな辛さの向こうに味が見えてくる。甘い味、香ばしい香り、そして心地よく舌全体を刺激する唐辛子の味。 う~ん、今表現するのは難しい。 言葉にすると壊れてしまうかもしれない味わい。キムチを口に入れて「ウマイ」と思ったのは初めての体験。

 それからと言うもの、韓国での食事のときにキムチの味見をするのがひとつの楽しみになってしまったのだ。
 韓国のキムチはところ変われば味代わり、お店が変わればまたそれぞれの味がする。
 もちろん種類が多いのも特徴で、色々なものが楽しめる。

 いつの間にかキムチだけでなく、辛いもの大好きになってしまった。 最近はと言うと日本で食べるうどんに入れる七味唐辛子の量も半端ではなくなった。 鍋物、汁物、お好み焼きには七味が欠かせない。
 会社の食堂で味噌汁に七味をタップリ入れて食べているのを保険屋のおばちゃんに目撃されて、七味のないところで食事しても不自由がないようにと、マイ七味をプレゼントされてしまったほどだ。

 ただし、美味いキムチだからといって安易に日本に持ち帰ろうななどという気を起こすことなかれ。
 まず匂いが凄い! 現地だからこそしっかり楽しめるのだ!
 そして日本で販売されているもののように発酵を抑えた作り方になっていないため、食べる時期が難しい。キムチは生き物だ。 保存の仕方と食べる時期によって味が変わるため素人には難しい。
 たとえば、韓国から帰るときにスーパーで袋入りのものを買って帰ると次の日には袋が膨らんで破裂せんばかり。 そう、風船状態になる。 ところが実は少し時間をおいて発酵が進んだほうが本当の味になると言うのだ。

 この辺りをよく理解した人は美味しく楽しめる。
 私は残念ながらそこまでして食すほどの情熱は持ちあわせていない。
 それに餃子を食べたあくる日と同じ目にあうことは覚悟しなければならない。

================================

[압구정(狎鴎亭)アプクジョン]
 ソウルの地名です。 海外ブランドのブティックが並び、もっともお洒落な街とされています。 地下鉄3号線にのりソウルの中心地から南へ向い韓江を渡ったすぐの駅です。 現代デパートは地下鉄の駅からすぐのところにあります。 また、アプクジョンの
포장마차ポジャンマチャ(布帳馬車と書き屋台のこと)には韓流スターを含む有名タレントたちも出入りすると言うことでそれを目当てに集まるファンも多いとか。 アプクジョンのポジャンマッチャは私も一度行って見たいと思っている所のひとつです。
 現代デパートはこちら
 http://www.k-plaza.com/seoul/depart_03.html 
 私は初の現代デパートで、唐辛子の粉と岩塩、お決まりの韓国海苔を買いました。

|

« 바이 준 (bye June) : さらば愛しき人 | トップページ | 韓国体験記(3) - 常宿グリーンホテル<그린호텔> »

コメント

こんばんは
確かに韓国で食べるキムチは美味しいですよね。行く度にお土産で買ってきてます。

友人が一度飛行機の中で袋が破れて大変な目に会ったことがありました。 臭いし、洋服類も全滅。
飛行機は気圧低くなるし、キムチは発酵が進むし、破れる確率は高いですよね。

投稿: 夕凪 | 2006年7月20日 (木) 23時27分

夕凪さん、こんばんは。
 ちょうどお土産用に売っているキムチは密閉した袋に入っていて、ホントにパンパンに膨れますよね。面白いくらい。
 飛行機といえば私は他の人のバッグからこぼれたお酒か何かが布製の旅行かばんにかかって、台無しになったことがあります。甘ぁい匂いの液体でぐしょぐしょになって往生した覚えがあります。
 お互い気をつけないといけませんね。

投稿: かつ | 2006年7月21日 (金) 00時16分

この記事へのコメントは終了しました。

« 바이 준 (bye June) : さらば愛しき人 | トップページ | 韓国体験記(3) - 常宿グリーンホテル<그린호텔> »