« 韓国体験記(1) - 最初の感想<첫인상> | トップページ | 바이 준 (bye June) : さらば愛しき人 »

2006年7月17日 (月)

범죄의 재구성: 犯罪の再構成みましたが…

 韓国映画の『犯罪の再構成<범죄의 재구성>』を観ました。

 残念ながら、さっぱり分からず。
 途中で寝てしまったこともありますが、そのこと自体が韓国語の力の無さを物語っていて悲しいです。

  題名:  犯罪の再構成 <범죄의 재구성>  THE BIG SWINDLE
  監督: チェ・ドンフン 
최동훈
  出演: パク・シニャン 
박신양    ヨム・ジョンア 염정아
      ペク・ユンシク 
백윤식    イ・ムンシク 이문식
      キム・サンホ 
김상호     チョン・ホジン 천호진
      パク・ウォンサン 
박원상   メン・ボンハク 맹봉학

Swindol_poster 銀行からお金を盗む話ですが、どうやら逃走中に死んだ盗人メンバーの仕掛けたトリックがストーリーのポイントになっているようです。
 なんだか興味をそそられるのですが日本では発売されているのでしょうか?
 ご存知の方いらっしゃったら教えてください。字幕付きで観たいです。

 ちゃんと観賞できたらまた感想アップします。


仕方が無いので CINE21.COM で見つけた記事を引用しておきます。

============================================
CINE21.COM  NEWS&REPORT 2004.04.16 20:00 より
[주말극장가] 한국은행 턴 ‘<범죄의 재구성> 관객맘도 털까
[週末劇場街] 韓国銀行を盗んだ<犯罪の再構成>観客の心も盗めるか

16일 개봉하는 <범죄의 재구성>은, 올해 개봉한 한국 영화 가운데 <송환> 같은 독립영화를 뺀 상업영화들만 놓고 보면 가장 잘 만들어진(웰메이드) 작품으로 꼽힐 것같다. 16日封切りする<犯罪の再構成>は、今年封切りした韓国映画の中で<送還>のような独立映画を除き商業映画のみにおいてはもっとも良くできた(ウェルメイド)作品に数えられそうだ。
Swindol_kiji사기꾼 5명이 모여 한국은행을 성공적으로 털었는가 했는데, 어느새 경찰에 밀고가 들어간다. 한명은 도망가다 죽고, 한명은 잡히고, 나머지는 제각각 숨었는데 돈의 행방이 묘연하다. 
詐欺師5名が集まって韓国銀行からうまく盗み出したのだが、いつの間にか警察に密告が入る。 ひとりは逃げようとして死に、ひとりは捕まり、残りはそれぞれ隠れたが金の行方は知れない。
그 속내를 파고들어가다보면 예상치 못한 복수극 한편이 산뜻하게 펼쳐진다. 정교한 플롯이 주는 이런 재미는 이전의 한국영화에선 찾아보기 힘들었다. 
その内情を深く追求してみれば予想もできない復讐劇1編がすり抜けるように展開する。 精巧なフラッシュを与えるこのようなおもしろみは以前の韓国映画では見つけにくかった。
<스팅> <오션즈 일레븐> 등 심한 폭력장면 없이 깨끗하게 한탕하는 범죄영화의 맥을 이으면서, 캐릭터들에겐 지금 한국의 사기꾼같은 토종의 맛을 입혀넣었다. 
<STING> <OCEANS ELEVEN> 等 酷い暴力場面が無くさっぱりしたハンティングの犯罪映画の流れでありながら、キャラクタたちには今日の韓国の詐欺師のようなその種の味をにじませた。

그러나 시사회를 통해 이 영화를 본 많은 이들이 영화의 완성도를 높게 사면서도 흥행은 예측하지 못하는 분위기다. 한국영화에서 별로 시도되지 않았던 장르이기 때문이다. 또 1년전만 해도 한국영화에서 언론·평단의 반응과 실제 흥행이 극으로 갈리는 경우가 그렇지 않을 때보다 많았다. しかし、試写会をとおしてこの映画を観た大勢の人たちは映画の完成度を高く買いながらも、興行は予測できない様子だ。
また1年前からしても韓国映画では言論-評壇の反応と実際興行が劇的に変わる場合の方がそうでない時より多い。

마침 작년 이맘때 개봉한 <살인의 추억>이 그 간격을 줄이기 시작하면서 이후에 나온 ‘웰메이드’ 영화들이 잇달아 흥행에 성공했다.(공교롭게도 <살인의 추억>과 <범죄의 재구성>은 둘다 제작사가 싸이더스다.) 
おりしも昨年の今ごろ封切られた<殺人の追憶>がその間を縮め初めつつありその後でてくる’ウェルメイド’映画が相次ぎ興行で成功した。 (偶然にも<殺人の追憶>と<犯罪の再構成>は何れも製作者がサイドスだ)
그리고 <실미도> <태극기 휘날리며>로 관객 1천만명 시대를 맞이한 지금, <범죄의 재구성>의 흥행 여부는 여러모로 관심거리다. 예매율을 보면 15일 오전까지 <패션 오브 크라이스트>(31.6%)에 이어 27%로 2위에 올라있다.(맥스 무비 집계) 
そして <シルミド> <ブラザーフット> の観客一千万人時代を迎える現在、<犯罪の再構成>の興行可否は多方面の関心ごとだ。 前売り率を見ると15日午前までて<ファッション・オブ・クライスト>(31.6%)に続き 27%で2位に上っている。(エクス・ムービー集計)

16일 개봉하는 다른 영화 4편은 할리우드산이거나 할리우드와 공동제작한 영미권 영화들로, 대체로 범작들이다. 16日封切りした他の映画4編は ハリウッド産であれハリウッドと合同製作した英米圏暎画で、概ね凡作である。
연쇄살인 스릴러 <테이킹 라이브즈>, 19세기 오스트레일리아의 홍길동같은 ‘민중형 강도’의 실화를 다룬 <네드 켈리>, 유령들린 집에서 벌어지는 코미디 <헌티드 맨션>, 단기 기억상실증 환자의 사랑이야기 <첫 키스만 50번째> 등 저마다 다른 장르로 다양하게 밥상을 차렸다.  
連鎖殺人スリラー <テイキング ライブズ>、19世紀オーストラリアのホームキルドンのような民衆型強盗の実話を扱う<ネド ケリー>、幽霊に取り付かれた家で繰り広げられるコメディー<ハンティド マンション>、短期記憶喪失症患者の愛の物語<初キッスばかり50回目>等それぞれ異なるジャンルで多様な食膳を準備した。

글: 임범 <한겨레>기자
文: イムボム<ハンギョレ新聞>記者
============================================

|

« 韓国体験記(1) - 最初の感想<첫인상> | トップページ | 바이 준 (bye June) : さらば愛しき人 »

コメント

あーー!!かつさんめっちゃ偶然です!
一昨日レンタルで観ましたよ!この映画。
実は私も途中で寝てしまい(笑)まだ途中で
止めたまんまになっています。
日本語タイトルは「ビッグスウィンドル」です。
チェックしてみてくださいね。

投稿: aki | 2006年7月17日 (月) 05時03分

おーー!!akiさん!
既にレンタルされているのですか。
ホントに偶然ですねぇ。寝ちゃったとこまで。

 ところでakiさん、寝てしまわれたということは実は面白くないのですか? cine21.com の記事見たら面白そうでしょ。ネッ ネッ ?
 でも「ビッグスウィンドル」チェックしますよぉ。
 これって「大詐欺」っていうことですか?

投稿: かつ | 2006年7月17日 (月) 17時15分

面白いと思いますよ(たぶん。笑)
この手の映画、私は好きです。
ただ、私はなぜか登場人物が多い映画を
みると決まって寝てしまうという癖(?)がある
んですよ。(笑)最近それに気付きました。

大詐欺ってことだと思いますけども^^
また観たら感想書かれるんですか?
楽しみにしています。その前に私も早く
続きを観なければ。次はねないように。(笑)

投稿: aki | 2006年7月18日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21114/2684225

この記事へのトラックバック一覧です: 범죄의 재구성: 犯罪の再構成みましたが…:

« 韓国体験記(1) - 最初の感想<첫인상> | トップページ | 바이 준 (bye June) : さらば愛しき人 »