« 韓国体験記(3) - 常宿グリーンホテル<그린호텔> | トップページ | 韓国体験記(4) - 珍しかった日本人<낯익 지않았던 일본인> »

2006年7月23日 (日)

blogデビュー200日記念日

ブログをはじめてから、今日(昨日)で200日になる。

書いた記事は、56件
3.64日に1件だから 1週間にほぼ2件ということになる。
私としては上出来だ。

そのうち韓国映画の記事が 19件
これは予想以上。
立て続けに韓流映画が上映されたことが原因だろう。

韓国に関係する記事は、韓国映画のものも含めると 39件
全記事の 70% が韓国ネタということになる。
まあ、予定通り。 でももう少し幅が広くても。。。と思う。

もともと韓国語の勉強のためにはじめたブログ。
いつかは韓国語でブログを書こう」、 と。
まだその目標には遠いようだ。

書き始めたころは、書くこと自体が大変だった。
そして暫くは、アクセス数が気になった。
今は、書くことにも少し馴れ、
必要以上に周りを気にしなくなった。

なぜ、ブログをやっているのですか?
楽しいからです。
なぜですか?
誰かが
見てくれるから。

韓国語の勉強というのはブログの理由ではなくなってしまった。
見えない誰かに向かっての
情報発信。 自己アピール
自分のための
記録

そして出会い
人との出会いには胸が躍る。
気の合うお友達とは何か不思議な関係が出来上がっていく。
顔も、声も、下手をしたら性別や年齢さえも知らないお友達。

私も、このバーチャルな世界にリアリティを感じるようになった。
いつの間にか
ブロガーの仲間入りをしてしまったのではないか。

次の300日目の記念日には、どんなことを考えているだろう。
まだ頑張って記事を書いているだろうか。
お友だちに愛想つかされずにやってるだろか。

コメント寄せてくださるお友達の皆さん。
ありがとうございます。
すごく励みになります。
これからも、どうか
宜しくお願いしますね。

|

« 韓国体験記(3) - 常宿グリーンホテル<그린호텔> | トップページ | 韓国体験記(4) - 珍しかった日本人<낯익 지않았던 일본인> »

コメント

私が10月からですから、3ヶ月先輩ですね。

書くのは難しいですね。どうしても独りよがりになってしまいます。でも、これが自分の文章だと思ってますので、仕方ありません。

かつさんの文章は、読みやすく、ポイントもしっかりされているので、羨ましいです。今回の投稿も素直に筆が進んでいるように思われます。

私のリアリティを感じますね。ブログ友達として、大事にして行きたいと思います。
自分の意見を素直に書いていると、同意や反論を真剣にぶつけてくれる人がいるのは本当に素晴らしいと思います。 発信だけでなく、交流があるから楽しいし、続けられるのだと思いますね。
私の場合、写真を撮る楽しみを覚えました。

投稿: 夕凪 | 2006年7月23日 (日) 13時43分

かつさんへ
私は2月からブログを始めたので
かつさんのほうがちょっぴり先輩ですね^^

なんとなく始めたブログですが(まさか自分が
ブログをやるとは思ってはいませんでした)
ブログを通じて少しずつお知り合いも出来、
日々みなさんに楽しみを頂いています。
バーチャルな交友関係も日々こうしてやりとりして
いるうちに、気かつけばバーチャルの枠を越え、
本当に大切なお友達に変わっていくような感覚を
おぼえていっています。ブログですべては分からない
かもしれませんがブログもその人の持つ心の一部で、
"何か通じるもの"が目には見えなくても確かに存在して
いますよね?(私だけか?笑)

この先ブログも形を変えていくかもしれないし、
この先どうなるかは自分でもわかりませんが、
かつさんこれからもヨロシクお願いしますね。
偶然か必然か、無数にあるブログの中で出会えた縁を
大切にしていきたいです(*^-^*)


投稿: aki | 2006年7月23日 (日) 14時16分

夕凪さん、akiさん
 ありがとうございます。
 この3人の中で一番先輩は、夕凪さんですか。

 文章書くのって難しいです。 ほんとに。
 言いたい事があるとしつこくなってしまうし、正しい日本語を使わないと誰にでも通じないし。 blogはじめてから文章力はついたかも知れませんねぇ。 会社で使う文章は結構偏っていますから。

 夕凪さんの仰るように、素直な意見を述べても通じるお友達がネット上にはたくさんいらっしゃるのがいいです。 お互いを認めるということですね。
 これは、バーチャルな世界でも忘れてはならないし、バーチャルを構成しているのはリアルであり、即それは人間であるということです。

 akiさんも、夕凪さんも話題に共通点があるとはいえ、年齢も(おそらく)趣味も異なる方たち。お知り合いになれたのは、ネットという不思議な媒体をとおしてこそ成せる技だったのでしょう。 でも不思議なくらい大切な人のように感じています。

 本当に、偶然か必然か、無数にあるブログの中で出会えたご縁を大切にしていきたいです(パクリ ^^)。

投稿: かつ | 2006年7月23日 (日) 22時34分

この記事へのコメントは終了しました。

« 韓国体験記(3) - 常宿グリーンホテル<그린호텔> | トップページ | 韓国体験記(4) - 珍しかった日本人<낯익 지않았던 일본인> »