« 蝶と蟷螂 | トップページ | 韓国体験記(9) - エボレンド珍道中(2) <에버렌드 에서> »

2006年8月26日 (土)

韓国体験記(8) - エボレンド珍道中(1) <가자 에버렌드 에>

 珍しく滞在地はソウル。

 土曜日には予定が入っておらず、このままではもったいない、ということでショッピングセンターの(日本語を話す)売り子さんに一日遊べるのスポットを紹介してもらった。

P5130017  そこはソウル近郊の 영인 (龍仁) ヨンイン にある 에버렌드 エボレンド (真面目にいうならエバー・ランド Ever Land )。 ピーターパンが子供たちを連れて行ったのは、ネバー・ランドだったか。
 何でもソウルの人たちは皆、そこに遊びに行くとのこと。 売り子さんが「私も休みだったら行きたいわ」 と、ご推薦なので行ってみることにした。

 土曜日の朝
 連日夜になるとホテルでの資料作成などで、眠れなかった私は少し眠かったが開放感が勝った。 疲れなど吹っ飛んだ。 さあ出発! その日は一日遊ぶと割り切っていたから。

 場所は 高速バスターミナル。 「龍仁」という二文字を頼りに、Ⅰ氏と私の2人珍道中は始まった。
 Ⅰ氏は営業マンで私を韓国ビジネスに引きずり出してくれた韓国ライフの恩人? また私を一人で韓国に旅立たせ、元来持ち合わせていなかったクソ根性と度胸を植えつけてくれた人。 私たちは時々商談のために韓国に同行した。

 高速バスターミナルはソウルの中で、私たちが最も慣れ親しんだ場所。 ファーストフードで簡単に朝食を済ませていざ出発。

 まずは、チケット売り場へ。
 チケット売り場には十数個の窓口があり、全国へ向けての直行便の通行手形(チケット)を販売している。

 目指す方面を間違えては大変だ! 行き先表示を注意深く探して歩く。
 ヨンインは意外に早く見つかった。 売り場右の一番手前に、
[Yongin] だったと思うが、それらしき表示が見つかった。

 私「ヨンインに行きたいんですけど…」
 窓口「ネ~、ヨンインニョ~。 アホプシ シボブン コン タセヨ?」 私「 … … 」
 Ⅰ氏「Please, write down HANJA (漢字書いてください)」
 
窓口「 … 」
 
私「ヨンイン、한자로 써주세요.」
 
窓口 「영인 요. 한자, 한자. …, 잔깐만요! 어. 잔시만 거다리 십시오. Just moment, please. 」

 売り場窓口は完全にパニックである。 地名はもともと漢字だから、それくらいの漢字なら書いてくれる思っていたが、そうでもなかったのだ。 彼らに漢字を書けというのは無理な注文だ。 大変なことを尋ねてしまった。

 窓口の彼女は地図を探してきた。 が、漢字の地名は載っていない。
 [悪いことしたなぁ…]  と、次は英語を話せる子がやってきた。
 また一人、ちょっと先輩風の女の子が来た。
 結構近い線の漢字らしいものを書いてくれたので、「ありがとう、分かりました、結構です。」 お礼を言ってこの話を収束させようとするかしないかのうちに、なにやら相談しながら全員どこかへ行ってしまった。
 彼女たちは真剣だ。 日本のどこにこんなに真剣に対応してくれる切符売り場があるだろうか。

 数分待つと、ベテラン風の女の子が漢字で「龍仁」の二文字を書いたメモ用紙と地図を持って私たちの前に現れた。 丁寧に日本語で「こちらでございます。」と手渡してくれ、地図で場所を示してくれた。
 「ありがとう。本当に、ありがとう」 こんなことで、こんなに嬉しいのは久しぶりだった。

 …ごめんなさいね。一生懸命調べてくれている姿を、< かわいいナァ > なんて思いながら眺めていたこと白状します。…
 

 さて地名も間違いないことを確認できたし、バスのチケットは手に入った。 所要時間は1時程度とのことだったと思う。
 高速バスは乗ってしまえば後は簡単、降りそびれないように注意していればよい。 本当はなかなか聞き取れない停留所名にドキドキひやひやなのであるが…。

 バスは、どんどんスピードを上げて、高速道路の中央車線、日曜バス専用レーンをビュンビュン飛ばし、あっという間にヨンインに着いた。

================================
[ちょっと物知り韓国文化]
 ソウルには、大体3つの高速バスターミナルがあります。
 そのひとつが<
고속버스터미날 高速バスターミナル>、それから<남부 터미날 南部ターミナル>と<동부 터미날 東部ターミナル>です。

 『高速バスターミナル』5~6年前にリニューアルしてとっても快適なステーションになりました。
 バスターミナルの上は巨大なビルになっていて、新世界デパートとマリオット・ホテル。 隣に花市場があります。
 そこの地下街の泉の広場みたいなところはドラマ
『美しき日々』の舞台となりました。 연수 ヨンスが室長민철ミンチョルの妹の 민지ミンジを連れて卑屈になった彼女の心を開かせるために、一緒に絵を描いて売ろうとしていたところです。

 『東部ターミナル』のすぐ前にはテクノマートという電化製品のデパートがあります。 ここもソウルに行けば一度は行っておくべきところでしょう。 携帯電話フロアなどは広大な一フロアすべてが携帯やさんで壮観です。

 韓国は、日本ほど鉄道が発達しておらず、道路を整備してバスを中心とした交通網を確立しようと力を入れています。
 したがって主要な都市には必ず高速ターミナルがあります。 その近くには、たいてい市営バスがあり、こちらは通常の町の路線バスがあります。
 ソウルといえばはもちろん韓国の中心であり、そこの高速バスターミナルはいわば韓国のHUBなのです。 本当に便利でどこへでも安く速く移動することができます。 下手をすると鉄道より速く目的地へ移動できます。

|

« 蝶と蟷螂 | トップページ | 韓国体験記(9) - エボレンド珍道中(2) <에버렌드 에서> »

コメント

かつさん こんにちは♪
親切な切符売り場のお嬢さまたちのお話に感動しました!
漢字というのは、韓国ではあまり書いたり読んだりはしないものなのですか?
話は違いますが映画を観ていると、韓国人の方の英語の発音は結構お上手だと思いました。
実際のところは、韓国の方の英語レベルってどうなんでしょ?
日本人と同じくらいですかねぇ。

投稿: なぎさ | 2006年8月27日 (日) 15時50分

なぎささん、こんにちはぁ。
興味を持っていただいて 嬉しいです。
韓国人は私たちが思っている以上に漢字を知らないようです。
何日か前に「プヨ見学」の事を紹介しましたが、そのときも旧跡の古い解説文がほとんど漢字で書かれていたので、案内してくれた韓国人に読めず、私に読めるなんておかしな経験をしました。 新聞ではハングルで意味がわかりにくい時、たまに漢字を使っています。

英語力は我々と変わらないか、少し上というところでしょうか。 私の出会う人たちは企業内でもある程度のエリートが多いのですが、この人たちは明らかに日本のエリートより出来ると思います。 まあ、勉強に関しては日本よりずっと頑張りやさんが多いですし、また物怖じしないですから差もつきますよ。
発音に関しては向こうの方が有利ですよ。 韓国語で使う音の種類が日本語より断然多いですから、口が自由に動きますからね。

また遊びにきてくださいね (^^)/

投稿: かつ | 2006年8月27日 (日) 17時41分

いつも楽しく読まして貰ってます

漢字で通じないのは大変ですね。台湾は漢字を書けばほとんど会話が出来ました。

日本人、特に東京や都会の日本人は他人に無関心になり、このようなケースでも、きっと対応しないでしょう。 韓国はまだ昔の日本と同じ心が残っているみたいですね。

私もそろそろ海外出張を解禁しようと思ってます。韓国出張が増えます。行くところは麗川ですが。

投稿: 夕凪 | 2006年8月27日 (日) 18時04分

夕凪さん、こんばんは
漢字もお年よりならいけるかも知れません。というよりお年よりなら日本語喋ってくれるかも知れませんね。

バスターミナルの一件は、若者たちにも体験してほしい出来事でした。彼らの行動の基本姿勢を肌で感じることは、色んな意味でよいことだと思います。

韓国にも出張されるのですか? ヨチョン(麗川)はチョルラ南道のヨス(麗水)市ですね。交通はヨス空港があります。
海辺の町で、化学工業が盛んな土地でしょうか、島が多くて景色やお魚の方もバッチリではないですか ^^)。
また、土産話が聞けそうですね。タノシミ。

投稿: かつ | 2006年8月27日 (日) 23時46分

私のブログのカテゴリの中に「韓国俳優の名前を漢字で表示」と言うのがあるのですが・・・、www.google.co.krや、search.daum.netなどから拙ブログにアクセスしてこられる方の中で韓国の漢字、韓国漢字名前、韓国俳優名を漢字でと言った検索ワードでのアクセスが結構多いのには驚かされます。ちなみに私の女房も自分の本籍地(ソウル・トゥッピョルシ・サンゲドン)を漢字で書けません。

投稿: madray | 2006年8月28日 (月) 17時30分

madrayさん、こんばんは
それは、韓国の方がmadrayさんのblogで漢字を調べようとしているということですか。面白いですね。
漢字なんかぜんぜん知らなくても良い、というのでも無いのですね。
もっと素直に漢字の勉強したらいいのに、と、思います。最近はまた漢字の勉強が復活してきているようではありますけどね。
ではでは失礼します。

投稿: かつ | 2006年8月30日 (水) 01時19分

かつさん、韓国体験記好調ですね^^
読んでると韓国行きたくなってきて困ります。
行こうと思えばすぐ行けると思う距離なのに、案外行けるものではないですね。
私、もう10年近く韓国行ってないんですよ~。
それで、自称韓国好きなんて図々しいですね。^^;;
切符売り場の親切な女の子達の対応は、まさに韓国人だなあと懐かしく思い出しました。

投稿: chie | 2006年8月30日 (水) 13時33分

chieさん、こんにちは
私の記事で韓国へ行きたくなってもらえて光栄です^^。
いくら近くても流石に飛行機に乗って国外へ脱出するのには相当な覚悟と決断が要りますよねぇ。(そうでない方もいらっしゃるのでしょうが…)
>それで、自称韓国好きなんて図々しいですね。^^;;
いえいえ、切符売り場のお嬢ちゃんたちのあのムードがお解りになる chieさんは十分に韓国好きですよ。blog読ませてもらっても私、負けそうですから ^^)。

体験記はマンネリ気味ですが、まだまだ続きますよ。きっと。

投稿: かつ | 2006年8月31日 (木) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蝶と蟷螂 | トップページ | 韓国体験記(9) - エボレンド珍道中(2) <에버렌드 에서> »