« ソン・シギョン コンサートの案内 :성시경 콘서트 안내 | トップページ | 韓国出張報告--消しゴムのファミマ »

2006年9月 4日 (月)

괴물:グエムル 漢江の怪物

 韓国映画『グエムル 漢江の怪物』を観に行ってきた。

 予定ではクォン・サンウとキム・ハヌルの『青春漫画』を観に行く予定だったが、上映時間の都合で『グエムル』のほうを観ることになった。
 じつは、なぎささんのブログ「UkiUkiれいんぼーデイ」やアンマリーさんのブログ「映画でココロの筋トレ」を見て
『UDON』にもかなり触手が動いていたし、『僕の、世界の中心は、君だ。』も話題性があって観たかったのだけど。。
Goemul_poster 結果的には、この映画にしてよかった。

 面白かった。


 なんでも、
봉준호ポン・ジュノ監督が子供のときから作りたかった映画だというから力も入っていた。 また、出演者、スタッフが『2003년 <살인의 추억> 殺人の追憶』の時のメンバーで構成されているらしい。

  題名 … 괴물:グエムル 漢江の怪物
  監督 … 
봉준호 ポン・ジュノ
  出演 … 
송강호 ソン・ガンホ → 박강두 カンドゥ
        
변희봉 ピョン・ヘボン → 박희봉 ヘボン
        
박해일 パク・ヘイル → 박남일 ナミル
        
배두나 ペ・ドゥナ → 박남주 ナムジュ
        
고아성 コ・アソン → 박현서 ヒョンソ
 

 実際のところ、どんなジャンルの映画かも知らず、名前だけコマーシャルでよく聞いたということで、また「 송강호 ソン・ガンホ배두나 ペ・ドゥナが出ているから面白そう 」程度の気持ちで席についた。
 怪物もどうせちゃちな作り物が出てくるのかと思っていたが、予想に反してなかなか本格的な映画で大満足した。

Goemul_nigeru 映画の製作に関することはよく知らないのだが、映画雑誌 씨네21(#563)によると、制作費が110億ウォン、うち怪物を作るのに40億ウォンとこの作り物にも相当力がはいっていたそうだ。

 
 映画の内容は、漢江の河川敷で小さい売店をして暮らしていた家族の物語。
 いつも居眠りばかりしている
カンドゥとその父ヘボン。 妹のナムジュはここぞというときに力が発揮できないアーチェリーの選手。 弟のナミルは離れて暮らしている。 そして逃げた妻との間に出来た娘ヒョソン。
Goemul_3nin 2000年のある日、ある研究室が漢江に投棄した劇薬が原因で突然変異して生まれた奇形の生き物。2002年に小さなその生き物は釣り人にすくい上げられるが逃げて姿を消す。そして2006年、怪物が姿をあらわす。
 平凡な生活の中に姿をあらわした怪物は、
カンドゥと父の目の前で幼いヒョソンを襲う。 怪物と接触したためウィルスに感染しているとして軍にとらわれ拘束されたカンドゥに、死んだはずのヒョソンから携帯に連絡が入る。 排水溝の中にいるとの知らせ。 しかし誰も信じずカンドゥは気がふれたと思われる。
 こうして、
ヒョソンを救うため、家族の団結と戦いが始まる。

 この映画に出てくる怪物は、人間が生んだ奇形種。 何とも不恰好な足と尾がはえた魚のようなトカゲのような。 人を襲うが、ゴジラのように大きくは無く、町を荒らすわけでもなく、なんとなく頼りない。
Goemul_sougi そして、アメリカの軍隊まで登場するが、実際に怪物と戦うのは怪物のアジトに閉じ込められたヒョソンと、そのヒョソンを救おうとする非力なカンドゥの家族だ。

 物語の舞台は、ソウルのシンボルとも言うべき漢江。 その中州である 여의도汝矣島)ヨイドあたり。 ここには国会議事堂があり、本当に市民の誇りである生活の場だ。そこにこのような怪物が登場するといった思い切った構成が面白い。 何かただの怪物ではなく、社会の、人間のひずみみたいなものがこの怪物の形となって現れたのだろう。

Goemul_duna  とにかく娘を救うために懸命に生きるカンドゥの姿に、コミカルな動き。 すごくドキドキするのにプッと吹き出してしまう笑いがミックスされてとてもよい作品だ。 ここぞというときにミスをする、ホントだったら笑えない場面が何度も出てくる。 しかしそこは家族のチームワークでフォローしてついには、もとの平和な暮らしが戻る。
 父も、娘も殺されてしまうが、生活は戻り、最後に残る売店で
カンドゥは今度は居眠りせずに漢江を守り続けた。
 
 CINE21.COM マルチメディアのページ 
動画がいっぱいあります。

 俳優さんを決めてストーリーに登場する人物のキャラクターを決めたというだけあって、各配役もピッタリとはまっていた。 
 
ソン・ガンホのキャラクターは言うまでもなく期待通り。 ペ・ドゥナもアーチェリーの試合では若くて美しい選手の顔をしていたし、普通の非力な娘が腹を決めて恐怖に立ち向かう姿か良かった。 ピョン・ヘボンも独特のリアルな演技がベテランの貫禄を見せていて良かった。

 韓国の映画としては、ドロドロとしたところのない、よくまとまったGOODな娯楽映画だった。
 ただ、この邦題の
『グエムル』というのはもう少しましな言い方無かったのでしょうか。 せめて『クェムゥ』とか『クェムル』とか。。

|

« ソン・シギョン コンサートの案内 :성시경 콘서트 안내 | トップページ | 韓国出張報告--消しゴムのファミマ »

コメント

はじめまして♪
YASUKOさんの所からポチッと来ました^^

「青春漫画」を見ようと思って「グエムル」を見たとの事で、なななんと~時間が合わなかったんですね、サンウ残念...><

ぜひ今度「青春漫画」も見に行って下さいませ。
とっても前向きな映画です♪
あっ、はじめましてなのにスミマセンm( _ _ )m
サンウファンなものでf(^-^;)? 

「グエムル」面白そうですよね♪
私も見に行ってみようと思ってます。

投稿: Melany | 2006年9月 4日 (月) 15時54分

私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを紹介しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加して頂けないでしょうか?
報酬は1登録¥1000、1クリック¥1からです。
アフィリエイトの報酬だけで、月90万円稼いでいる方もいらっしゃいます。
皆さんそこまでいかなくても月にいくらかのお金は稼いでいます。
お客様のサイトはとても魅力的なので多くの報酬が見込まれると思いますよ。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?coog
support__center@mail.goo.ne.jp

投稿: e-アフィリ | 2006年9月 4日 (月) 16時49分

面白そうですね。 私も行ってみようかな? でも、家内が付いてきてくれるかな?

投稿: 夕凪 | 2006年9月 4日 (月) 23時01分

Melanyさん、はじめまして。
ポチッと来て頂いて嬉しいです。
本気でサンウファンしてらっしゃるのですね。
『青春漫画』は来週見ますよキット。それで許してくださいね。^o^)
私の彼女は主婦やってるもので、なかなか時間が巧く合わないのですよ。つらいでしょ。

でも『グエムル』面白かったですよ、観てきてくださいね。
Melanyさんのところには、また遊びに行きますからね。

投稿: かつ | 2006年9月 5日 (火) 01時27分

夕凪さん、こんばんは。
これ、しらけて見たらダメかも知れませんが、面白いですよ。役者もいいですし。
また、見慣れた景色の中で展開する、現実がちょっと行き過ぎてしまったみたいな恐怖心がトッテモ面白く見れる映画です。
いつも映画館で寝ている、うちの奥さんも喜んで見てましたから、奥様大丈夫ですよ^^。

投稿: かつ | 2006年9月 5日 (火) 01時31分

こちらでははじめましてv
私は「青春漫画」5月に韓国で友達とチムチルバンで
観ました。途中からだったけど、甘酸っぱかったです。
「グエムル」は急遽観に行く予定になりそうです。
血ドバーだったらどうしよう。ちょっと不安~。

投稿: 木村彩日香 | 2006年9月 5日 (火) 13時35分

かつさん こんにちは♪
私も昨日観てUPしたところです!
そして、幣ブログのリンクをしてくださっていたのですね☆ありがとうございました~<(_)>
この映画、やっぱりポン・ジュノ監督ってスゴイですね!
ただの怪物映画で終わらせないというところは大胆です。
とにかく可笑しかったというのが強い印象でしたヾ(^▽)ゞ
ソン・ガンホさん・・・日本にこんな俳優さんいない気がします。

投稿: なぎさ | 2006年9月 5日 (火) 14時13分

彩日香さん、いらっしゃいませませ。
『青春漫画』をチムチルバンで観られたのですか?
私、まだそのチムチルバンというの体験したことがありません。お風呂中心型娯楽室ですよね。温泉なら行ったことあるんだけど。 1回行ってみなくてはね。

『グエムル』…。 ん~っ、ちょっと恐いシーンもありますよぉ。楽しんできてくださいねぇ。
それから、良かったらまた遊びに来てくださいね。

投稿: かつ | 2006年9月 6日 (水) 01時16分

かつさん、こんばんは^^
ご無沙汰しております!毎日暑い日が続きますが、ご体調崩されていませんか??
「グエムル」…ほんきで悩んでいます。。。ぺ・ドゥナちゃんも出演されていますし、とっても面白そうなのですが…恐いシーンが沢山ありそうですよね?!1人でトイレに行けなくなっちゃいますよね?!恐いのはダメなんです。。。うむむむ…どうしよう☆

投稿: YASUKO | 2006年9月 6日 (水) 01時23分

なぎささん、こんにちは。
ほんとにね、なぎささんの『UDON』レビューにはそそられるものがありまして、何とか時間があれば観に行きたいです。
ソン・ガンホさんはホント不思議な力を持っていますよね。あのキャラクターは他にはいないですよ。 しっかり楽しめる映画でした。

投稿: かつ | 2006年9月 6日 (水) 01時24分

YASUKOさん、ホントにお久しぶりです。
復活されて何よりです。私はちょっとだけ夏ばて状態ですが遊んでいるときはぴんぴんしていますよぉ。
さて、『グエムル』ですが、まぁ悩まないで観に行きましょう。お化けのお話じゃないからトイレ行っても大丈夫です。恐いは恐いでも、두렵다 より 무섭다 に近い恐いですね。 えっ。それでもダメ? じぁあついていってあげます ^^)。

投稿: かつ | 2006年9月 7日 (木) 01時09分

昨日「グムエル」観て来ました!
いさぎよい怪物の登場と家族愛。
無問題でした。
ソガンホもぺドゥナも大好きだし
それに見慣れた韓国の風景に別の意味で
嬉しさを感じました。(怪獣はいなくていいけど(笑)

今度は韓国で字幕なしのDVDで観たいと思います。

あ、チムチルバンは男女兼用サウナなので
気軽に入れますよ。寝室もあるから泊まれるしv
場所にもよりますがサウナ内にシアターもあるので
グーですよん。次の韓国にはぜひ!

投稿: 木村あすか | 2006年9月 8日 (金) 09時56分

彩日香さん、こんばんは。
> グーですよん。次の韓国にはぜひ!
あぁん、なんとその次の韓国が"今"ですよ!
今、江南にあるIbisホテルの一室に居ます。
昨日来て、もう明日の朝帰ってしまいます。(;_;)

空港バスで江南に来る途中、汝矣島の横を通るとき、あの橋桁をみて映画を思い出していました。
確かに内容の中心は怪物ではなかったので、怪物は無用の長物のように映りましたね。

投稿: かつ | 2006年9月 9日 (土) 00時42分

かつさん。こんにちは!
akiさんの掲示板では何度かお会いしてるかと思いますが(^-^)
グエムル、気になりますね~「王の男」を抜いて韓国ナンバー1映画ですもんね。この怪獣はすべてCGらしいですね。どんな仕上がりなんでしょうか。ペドゥナ、ソンガンホも大好きですし。見てみたいっ。
えっ?かつさんは今韓国!?いいですなぁ~。チムチルバンには床屋とかもあったりして楽しいですよね。韓国生活お楽しみください。

また遊びに来ますね!あんにょんひ げせよ~

投稿: tiny-seed | 2006年9月10日 (日) 12時34分

tiny-seedさん、あんにょんあせよ ^^
akiさんの所でご挨拶もなしで失礼しています。

韓国でハンギョレ新聞見ていたら文化欄に、日本の『グエムル』の興行のことが載っていました。日本では予想に反して『グエムル』が振るっていないという記事でした。
前評は判良かったのに、同じ2日に封切りした『マイアミ・バイス』に大きく水をあけられ7位にとどまった。『台風』と同程度の成績と解説していました。
結構盛り上がっていると思いますけどねぇ。
だから、ぜひ観に行ってくださいね!

あ、韓国からは早々と帰って来てしまいました。
最近出張も世知辛くて、安物の格安ツアーみたいなたびになりました。もちろんメインはお仕事だし ^^;
でも、結構楽しんできましたよ!
また報告します ^^

これからも宜しくお願いします。

投稿: かつ | 2006年9月10日 (日) 19時30分

かつさん、こんばんわ。
韓国映画でこのようなモンスターが出てくるような映画は今までにも無かったのでとても興味がありました。
怪物が出てはきますがやはり韓国テイストでハリウッド映画のようになんでも壊しちゃうとかスケールがやたらと大きいものとは違い『家族愛』とほんの少しの国への皮肉が含まれていて面白い仕上がりになっていたように思います。
ソン・ガンホ、ぺ・ドゥナをはじめとするキャストの面々がそれぞれいい個性を出していましたよね。
ヒョンソ役のコ・アソンのけなげな演技が印象的でした。
TBさせていただきます。

投稿: キャサリン | 2006年9月13日 (水) 01時25分

キャサリンさん、こんにちは。
TBとコメント、ありがとうございます。
『韓国テイスト』な『家族愛』とちょびっと『皮肉』、そして、その家族にやっつけられる中途半端な怪物が誰でも近づける街中に出現。何とも親近感を覚える庶民的な温かみのある映画でしたね。
そういう意味でもキャスティングは素晴らしかったと私も思います。

投稿: かつ | 2006年9月14日 (木) 00時53分

こんばんは!ECHO&コメ、ありがとうございました!
ホント、文化の違いを感じました。
ちょっと違和感はありましたが、そんなこと関係ないくらい、
怪物のできがよかったです。
予想に反して(?)おもしろかったです!

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006年9月19日 (火) 02時01分

猫姫さん、こんばんは。
実を言うと私も、ちゃっちい、テクノっぽい怪物が現れて興ざめするのではないかという不安を抱きながら観たのです。
でも不細工だけど妙に自然体な怪物は十分に楽しませてくれました!
その違和感というのはなんとなく解る気がします。^^

投稿: かつ | 2006年9月20日 (水) 01時15分

TBありがとう。

> 父も、娘も殺されてしまうが、生活は戻り、最後に残る売店でカンドゥは今度は居眠りせずに漢江を守り続けた。

そうか。僕はね、このカンドゥは、本当の身近に災難が来るまでは、のんべんだらりと行動しないと思うんだ。もちろん、人々を護ることなどしない。それが、庶民のリアルかもしれないよ。

投稿: kimion20002000 | 2006年9月27日 (水) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21114/3311934

この記事へのトラックバック一覧です: 괴물:グエムル 漢江の怪物:

» グエムル 漢江の怪物 [UkiUkiれいんぼーデイ]
カンヌで絶賛され、韓国では『王の男』が4ヶ月かかった観客動員数を、わずか1ヶ月で塗り替えたという、文字通りモンスタームービーだ。 しかも、ただの怪獣映画ではない。 アクション、SFスリラー、コメディー、ホームドラマ、そして社会派的な要素も含まれている。 私としては、とにかくソン・ガンホがスクリーンに映っただけでも可笑しかった!!! 役者です、この方は! 漢江(ハンガン)とは、ソウルの中心を南北に分けて流れる大きな河。 休日ともなれば家族連れやカップルなどで賑わう、... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 14時06分

» 「グエムル」 [☆☆現役女子大生☆ネットショップ開店奮闘記☆☆]
先週、韓国映画の「グエムル」をみにいきました。最初、くえむる・・・ぐえむる・・?って思ってたんですがなーんってことないグエムルって「怪物」の韓国語読みだったんですね。ま、ストーリーはいたってシンプル。ソウルの自殺の名所でもある漢江(川)に怪物が現れ、人々を貪り喰い、パニックになる。そこに運悪く、ある少女が怪物にさらわれてしまう。その少女を溺愛してた父はなんとしてでも助けたい一心で家族の力を借�... [続きを読む]

受信: 2006年9月 7日 (木) 23時02分

» 『グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-』(2006年) ★★★★☆ [どっぷりレビュー]
今年のカンヌで絶賛されて結局何の賞にも引っかからず肩透かしを食らった感のある本作。聞けばその時点ではまだ完成品ではなかったそうですが。その後、韓国で公開されると至上最短で観客動員1000万人を突破。記録は伸びていると言います。果たして外国人の目にはどう映る...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 12時57分

» 「グエムルー漢江の怪物」情熱ほとばしる怪物映画を見に行こう [soramove]
「グエムルー漢江の怪物」★★★☆オススメ ソン・ガンホ、 ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 主演 ポン・ジュノ 監督、2006年、韓国 現在も韓国で公開中、 5週連続首位をひた走る、 内容成績ともまさに怪物映画だ。 日本での公開は ハコの大きさ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 15時12分

» グエムル -漢江の怪物- 見てきました [よしなしごと]
 見たい映画が4本あるのですが、その中でも一番早く終わってしまいそうな映画グエムル 漢江(ハンガン)の怪物を見に行く事にしました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 17時37分

» 『グエムル −漢江の怪物−』 [お気に召すまま]
[制 作 年] 2006年[原 題] 괴물[英 語 題] The Host[脚 [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 01時12分

» グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- 06年176本目 [猫姫じゃ]
グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- 2006年    ポン・ ジュノ 監督ソン・ガンホ 、ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 、コ・アソン(一番下) 恐れ入りました、、、 お見それしました、、、 そうですよね、怪獣映画じゃないんですよね。 怪物映画...... [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 02時31分

» グエムル-漢江の怪物-(韓国) [映画でココロの筋トレ]
株主優待券を持っていたので「グエムル-漢江の怪物-」を観ました。 ( → 公式HP  ) ? 出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン 上映時間:120分 ソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に、キモイ怪物“グエムル”... [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 23時41分

» NO.169「グエムル 漢江の怪物」(韓国/ポン・ジュノ監督) [サーカスな日々]
韓国史上空前の観客動員! しかし、僕は試写会場で、「無感動」に脱力していた。 試写会に足を向けたのは、10年ぶりかもしれない。知人にもらった招待状。あんまり、試写会という空間が好きではない僕は、普段なら「いや、ちょっと」とか言って遠慮するのだが、この映画は、喜んで、好意に預かることにした。 前評判は高い。ニューヨーク・タイムズでは「今年のカンヌ映画祭で、最高の映画だ!」と絶賛していた。韓国では、それまでの�... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 12時10分

» 「グエムル 漢江の怪物」 頭イテ〜〜〜(笑) [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
まず言っておきたいこと。てれすどん2号が梅田三番街シネマで映画観終わった後、頭がイタイ。久しぶりに大学の体育の授業、バスケで走り回ったからかな(笑)、それともこの映画のせい!?(笑)とにかく、この映画の感想をひとことで言うと、頭イタくなる映画ってゆってもいいんかな(笑)二つの項目に分けての、ネタバレを極限までなくしたレビューをどうぞ... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 13時28分

» グエムル 漢江の怪物 [映画、言いたい放題!]
私好みのB級映画の臭いがプンプンしますねー。 韓流は好きではないのですが 「箪笥 」以来、韓国B級映画に一目置いている私です。 韓国では大ヒットした映画だとか。 しかし、脚本ゼミの友人が 「自分史上、最悪に気持ち悪い映画だった」 と言うので、ちょっと心配。 DVDで鑑... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 01時41分

« ソン・シギョン コンサートの案内 :성시경 콘서트 안내 | トップページ | 韓国出張報告--消しゴムのファミマ »