« 韓国体験記(12) - 結婚式1결혼식 | トップページ | 韓国体験記(14) - 結婚式3결혼식 »

2006年10月13日 (金)

韓国体験記(13) - 結婚式2결혼식

 忠州チュンジュから、ソウルへ。 目的地は結婚式場。

 ソウルに到着すると彼女はどこかのお店に入って 축의금 의 봉투 祝儀金の封筒を買った。
 私はお祝いの印にへたくそな字で『祝、結婚』の文字を書かせてもらった。 緊張のあまり『結婚』という漢字を韓国人のS嬢に確認する羽目に。。(何じゃそら)

 会場へ到着。
 式場入り口前の受付は新郎新婦の知人たちが頼まれて手伝っている様子で、ロビーの様子など日本のそれと大体変わりなかった。

 ロビーに到着すると彼女の懐かしいお友達が集まって来た。

 友1 「안년하세요」
 か  「안년하세요」
 友2 「こんにちは」
 か  「こんにちは」
 友1 「どうしてるの~。どこ行ってたの。」←韓国語
 
S  「会社の出張で、忠州に行ってて。 直接来たし
      ……。 … この方は会社のかつさんよ。」←韓国語

 友1 「じゃ、お疲れになったでしょ。」
 か  「あぁにえよぉ~ (…あれ、この人日本語でしゃべってる…。)」
 友,
S 「○○×△* □ … ××○▽ … 」
 友2 「そうですよぉ、お疲れ様です。」

 か  「いぇ~っ。 (…あれ、この人も日本語でしゃべってる…。^^;;)」

 か  「Sさん、なんで皆日本語できるの?」
 S  「みんな日本語科出身だからですよ。」

 か  「そういうことなの。(…ふうぅん、スゴイ…)」

 彼女が新婦となる友人に会いに行くというので私もついていった。
 新婦さんはすでに真っ白なウェデングドレスをまとい、忙しそうに会場へ移動中だった。 彼女たちはほんの短い時間お話をして、私も一言だけ挨拶をして再びロビーへ。

 さて、いよいよ式がはじまるからという合図。
 ぞろぞろと列席者は会場へ入っていく。

 とうとう来てしまった、初めて出会うお隣の国の結婚式!
 突然現れた外国人の私。
 どこへ行けば邪魔にならないのか、私が足手まといにならないためには、、、とりあえず目立たないように普通にしていなければ。。。私の頭は余計なことにフル回転しながら、ようやく適当な席へ腰を落ち着けた。

 
Marry1  会場は、一面に椅子が並んだ洋風のホール。 一瞬、教会のような空気も漂った。
 息をのんで新郎新婦の入場を待つ。

 広い会場は沢山の人たちで埋まった。
 前方には一段高くなった舞台があり、そこで婚礼の儀が執り行われる。
 舞台袖にあたる部分には数名の弦楽合奏団が控え、折に触れてバロックの弦の調べで会場の空気を潤おす。
 濃い木の色と、赤を基調にしたホールの装飾が気品高く、参列者の心を神妙にさせる。

 参列者たちの目は、もはや頭上のシャンデリアや入り口にあったバラのアーチなどには向けられることは無く。 これから始まる儀式を待つ観衆と言う一塊の生き物の一部となった。

 やがてスポットライトが前方を照らし観衆の視線も一点に注がれた。
 一生に一度の晴れの舞台だ!

【つづく】
================================
[ちょっと物知り韓国文化]

--축의금(祝儀金)チュグィクム--
 韓国でも結婚のお祝いにお金を包みます。
 親戚や特に親しい人を除いて、だいたいの相場は50,000ウォン(6,000円)ぐらいですから日本と大きく変わりません。
 ちなみに、日本のような”お返し”をする習慣はありません。 だから半分返しの計算は不要です。 そうすべきですよね日本も。

|

« 韓国体験記(12) - 結婚式1결혼식 | トップページ | 韓国体験記(14) - 結婚式3결혼식 »

コメント

結婚式。いいですよねー。
最近日本では結婚式や披露宴をしない人が多いですが、家族の絆が弱くなってきたみたいでさびしいですよね。
韓国はまだまだ家族を大切にしている人が多いんでしょうか。

投稿: 優 | 2006年10月13日 (金) 17時31分

いい体験をされましたね。

沢山呼ぶ、誰でもOkというところは、台湾とそっくりですね。 

台湾の披露宴は200-300人くらい入れるレストランを借り切ったり、家の前の道路を封鎖したテントでやったりと、賑やかですよ。

投稿: 夕凪 | 2006年10月13日 (金) 22時38分

優ちゃん、こんばんは

 結婚や出産というのは他人事でも本当に嬉しいものです。
若いときには分らなかった感情ですが、私も歳をとって素直に人の喜びと言うものを感じることが出来るようになりました。
 韓国人が家族を大切にする度合いというのには、日本人の私たちには理解できないほど凄いものがありますよ。 基本的には日本のド田舎の家族観にプラス儒教の精神が根強く残っているようです。 ある意味憧れます。
 でもあまり知ったかぶりはいけないので、これ以上は言えませんが。^^;;

投稿: かつ | 2006年10月14日 (土) 01時44分

夕凪さん、こんばんは

 こういう経験はなかなか出来ないですよね。 私感謝しています。 特にS嬢には。

 台湾の結婚式はにぎやかなんですね。 中国系はそんな感じがしますねぇ。 そちらも一度経験してみたいなあ。
 R嬢がまだ結婚していないから、呼んでくれるように頼んどかなくちゃいけませんね。

 台北に結婚写真館ばっかりが並んだとおりがありましたが。 たくさんの結婚写真を創作して撮影するところも台湾と韓国にていますね。
 

投稿: かつ | 2006年10月14日 (土) 01時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21114/3785197

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国体験記(13) - 結婚式2결혼식:

» 結婚式 [結婚|結婚の鐘]
結婚式関連の素敵なブログを紹介します。気に入ったブログがあったらアクセスしてみてね! [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 12時50分

» 結婚式場 [結婚|結婚の鐘]
結婚式場関連の素敵なブログを紹介します。気に入ったブログがあったらアクセスしてみてね! [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 15時02分

» 結婚式場選びのポイント [QVC通販 情報局]
 結婚式に招待される機会はたくさんあっても、いざ自分が結婚するとなると、考えることことが山積みですよね。 [続きを読む]

受信: 2006年10月18日 (水) 17時12分

» 人気の引出物ランキング [引出物 ラボ]
引出物には何が選ばれているのでしょうか?引出物ランキングを調べてみました。意外なようですが、1位は「和食器」です。大皿よりも、数枚セットの小さめの物が人気のようです。2位は「洋食器」。花瓶などに比べると、実用的なので、喜ばるようですね。3...... [続きを読む]

受信: 2007年7月20日 (金) 23時49分

« 韓国体験記(12) - 結婚式1결혼식 | トップページ | 韓国体験記(14) - 結婚式3결혼식 »