« 日記 | トップページ | 演奏会のお知らせ »

2006年10月21日 (土)

韓国体験記(15) - 結婚式4결혼식

 どうも私が出席したのは結局、結婚式だったのだ。

 結婚式にはもちろんスピーチや、余興のようなものはない。

 逆に日本のように、近しい親戚だけで神様の前に集まって厳かに執り行う結婚式とは異なり、大勢の人の前で二人の愛の契りの儀式を見届けていただくのだ。
 日本人の場合でも、教会での挙式はそういうものなのか。

 私は経験が無いのだが。

 式が終わると、受付で貰ったお食事券をもって食堂へ向かう。
 エレベータに乗って5階へ。

Kyolon_4写真はイメージ写真です。
Life in Korea さんから拝借しています。

  
 

 .

 そこは、おそらく他の会場での結婚式の参列者たちも一緒にご馳走をよばれる食堂。
 広い食堂ではすでにおよばれが終わって帰る人、今まさに盛り上がっている人さまざまな集団が出来ていた。
 私たちは、(といっても誰が同じグループなのかもよくわからないまま)食堂の一角を占領した。 私の周りはS嬢のお供だちや、そうじゃない人。 女性が中心で、その旦那さんが1~2名。 乳母車に乗った赤ちゃんが1名。

 食券を出すとお祝いの料理が運ばれてきた。
 大きなテーブルの中央に盛られたおめでたい餅菓子や、おかず。 スープとご飯、割り当ての料理が運ばれてきた。 見る見るうちにテーブルはお皿で一杯になった。

 今から思えば写真ぐらい撮っておけばよかったと悔やまれる。
 なにせ、おめでたい席の料理なんかそうしょっちゅうお目にかかれるものではないし。
 でも、自分が楽しむだけで精一杯だったのだ。

 こうして、楽しいおしゃべりの時間は流れた。
 料理はどれもこれも珍しくて、実のところ私の神経はほとんど、一品一品の味を楽しむことに注がれていた。
(こういう席の料理は辛くないようですよ。)
 印象に残っているのはやはり、色をつけたお餅、味つきのご飯、上品な小さい無数のおかずたち。 あぁ、詳しいことは忘れてしまった。

 新郎新婦は、一瞬だけ挨拶に現れた。
 てっきり皆にひやかされて、チューでもさせられるのかと思いきや、あっさりと姿を消してしまった。

 宴会の席は、おなかが膨れた人から順に立ち、流れ解散。
 そのころには次の団体が席を求めて入ってきた。
 言ってみれば、デパートのファミリー食堂でおよばれしているような按配だ。

 
Kyolon_5  控え室のほうを見学させてもらった。
 じつは私たちがおよばれをしている間にも、結婚の儀式は行われていたのだ。

 新郎新婦は伝統韓服を着ていた。
 そう『ランラン18才』でみた、あのイメージ。
 赤、黄、緑 いかにも韓国を感じる色彩の韓服を身にまとい、ほっぺに赤い装飾をした新婦とお殿様の普段着みたいな様相の新郎。

 二人はお膳のある狭い部屋にいた。
 ナツメやイカ、コブ(??あれ、それは日本か^^; 忘れちゃいました) 謂れのあるお菓子が飾られた部屋。
 順に親戚の方がやってくる。
 一人ずつ、一人ずつ、来られるたびにご挨拶をしてお話をして。
 また、ご挨拶をして。。。

 
 一通りのご挨拶が終わったら、新婚旅行に出発。
 招かれた人たちはそれを見送ろうと、玄関前に集合して待つ。

 最初の旅立ちは、やはり飾られた自動車で出発。
 お友達が、リボン、風船で飾ってくれたお決まりのデコレーションカーで空港へ向かう。

 あ~、行っちゃった。
 「じゃあネー、また会おうね。」
 興味津々、初の韓国結婚式はこうやって幕を閉じた。

【おわり】
================================
[ちょっと物知り韓国文化]

Kyolon_6  結婚のときに飾られるおめでたいお菓子は、

 ナツメは子供をたくさん授かるおまじないになるのだそうです。
 お母さんから沢山持たしてもらって、新婚旅行に出かけるのですが、渡航先の入国の際に持ち込み禁止を食らって、悲しくもそこで捨ててしまうことになるのだとのこと。 だから、韓国人が好んで新婚旅行に選ぶオーストラリアなどは、入国審査場にナツメの山が出来ているそうですよ。

|

« 日記 | トップページ | 演奏会のお知らせ »

コメント

本当にいい経験をされましたね。

これからの人生を送る二人には心から幸せになって欲しいと思いますよね かつさんにも祝福され、きっといい人生を送ることでしょう。

教会での結婚式は、日本も似たような感じでした。私も一回しか経験がありませんが・・・

投稿: 夕凪 | 2006年10月22日 (日) 17時57分

夕凪さん、こんばんは。

歳がいくと結婚や出産など、他人様のことでも、そういったことを素直に喜べるようになれますね。

私の見た結婚式は韓国では標準的なもののようです。
インターネットのサイトを見ていると、お金持ちのステータスみたいにして、ホテルで日本の披露宴にあたるものをやる場合もあるようですよ。

投稿: かつ | 2006年10月22日 (日) 23時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21114/3912218

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国体験記(15) - 結婚式4결혼식:

« 日記 | トップページ | 演奏会のお知らせ »