« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

韓国からの来客

月曜日は、会社に久々に韓国からの来客がありました。
お仕事のお手伝いをしたいと申し入れにこられたのですが、生の韓国語に触れることが出来て嬉しい出来事でした。

といっても、仕事の内容を韓国語でディスカッションするのは利害の絡むビジネスのことですから無理。 だから私が韓国語を使う機会は殆どありません。
たまに冗談を挟むときだけですね。
お食事のときだけはと少し韓国語で話したら相手の方も同じ考えか、日本語で返事してくださったり、なんともちぐはぐなコミュニケーションとなりました。

続きを読む "韓国からの来客"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年1月27日 (土)

お腹がすいている人誰でも召し上れ!

心温まる韓国のニュースです。

~ 1月25のKBS 朝のニュースタイム ~

[테마뉴스] 배고픈 사람 누구나 드세요!
[テーマニュース] お腹がすいている人誰でも召し上れ!

http://news.kbs.co.kr/article/culture/200701/20070124/1288821.html

<앵커 멘트>
이번 주 후반부터 다시 추워진다고 하는데, 이 한겨울에 마음을 훈훈하게 해주는 따뜻한 소식이 들어와있습니다.
네, 부산에는요, 퍼도 퍼도 줄지않는 이른바 요술 밥통이 있다고 하는데요, 이 밥통 이 주린 사람들의 배를 두둑히 불려 주고 있다고 합니다.
네, 신기한 요술밥 통을 지금부터 보여 드릴게요, 오늘은 이선영 아나운서와 함께 합니다. 참 신기하네요,

今週後半からまた寒くなると言うのに、この真冬に心を暖かくしてくれる暖かい知らせが入って来ています。
はい、釜山には取っても取っても減らないいわゆる手品おひつがあるといいますが、このおひつ この飢えた人々のお腹を大きく膨らしてくれると言います。
はい、不思議な手品おひつを今からお見せします、今日は李ソンヨンアナウンサーといっしょ、に参ります。本当に不思議ですよね、

続きを読む "お腹がすいている人誰でも召し上れ!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

最近のニュースと韓国‘特戦司令部’に思う

 米国が、北朝鮮の核施設を攻撃する考えもあると、軽々しくも高圧的な発言をしています。 また、中国が自国の衛星を爆撃する実験を行ったと発表し、米国が懸念を表明。 なんとも物々しいニュースが続く中、韓国のテレビで放映された次のニュースを思い出しました。 (このブログの一つ前の記事です)

http://katsu-ha.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_97c8.html

 この韓国のニュースは頑張っている兵隊さんたちの厳しくも微笑ましい光景として報道されていました。

続きを読む "最近のニュースと韓国‘特戦司令部’に思う"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

韓国のニュースから‘特戦司令部’

 1月15日のKBSテレビのニュース『酷寒に勝つ勇猛な‘特戦司令部’』を紹介します。

 ====== ニュースと対訳 ======

   [정치] 혹한을 이기는 용맹한 ‘특전사’
   [政治] 酷寒に勝つ勇猛な ‘特戦司令部’
http://news.kbs.co.kr/article/politics/200701/20070115/1283676.html

체감온도가 영하 30도에 가까운 강원도 대관령 산악지대에서 특전사 대원들이 혹한을 이기는 훈련에 나섰습니다.
 体感温度が零下 30度に近い江原道大関嶺山岳地帯で特戦司令部隊員たちが酷寒に勝つ訓練に出ました。

보도에 김학재 기자입니다.
報道に金ハクチェ記者です。

続きを読む "韓国のニュースから‘特戦司令部’"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

東京から帰り(蛇足)

~ 1月 18日 の日記 ~

今、東京から新幹線に乗って戻っています。

会社で提出する出張報告書は書き終わったし、あとは帰るだけです。

韓国語もだいぶ市民権を得てきましたね。
Tokyo_icp1  Tokyo_icp2

続きを読む "東京から帰り(蛇足)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京へ向かう新幹線にて

~ 1月17日の日記 ~

東京ビッグサイトでの展示会へ向かうために京都から乗った新幹線の中。

今日は、説明員としてショーのブースに立つ。

Tokyo_pc

続きを読む "東京へ向かう新幹線にて"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

韓国体験記(23) - おしまい(끝)

 昨年の7月から、ちょうど半年間に渡って紹介してきた私の「韓国体験記」。
 これでおしまいにしようと思います。

 当時この体験記を書き始めたきっかけは、何か物足りない私のブログにも、何か私らしくて、独自性のあるテーマは無いかと思い始めたことでした。

 数回続けばいいかなぁって思いながら書き始めましたから、これだけ続けば上出来でしょう。
 読者の皆さん、(もし、いらっしゃったら)ありがとうございました。

 

続きを読む "韓国体験記(23) - おしまい(끝)"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年1月14日 (日)

シン・スンフンSHOW 2007 in Japan

シン・スンフン 신승훈 コンサートのお知らせが来ました!

今回は大きなツアーのようですね。
名古屋でも公演があり、大阪で2回、東京でも2回あります。

Shin_seunghun

続きを読む "シン・スンフンSHOW 2007 in Japan"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

フセイン処刑の思わぬ影響

 韓国のKBSニュースによると。
 サダム・フセイン処刑の映像がテレビで放映された影響で、世界の子供たちが7名亡くなったのだそうだ。
 10歳以下の判断力の乏しい子供たちが、処刑の光景を見てそれを真似た結果、尊い命が消えていった。 誰の責任だろうか。

続きを読む "フセイン処刑の思わぬ影響"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年1月11日 (木)

韓国体験記(22) - 韓国の温泉へ(後編)

 ゆったりとした幸福なお食事の時間を過ごした私たちは、伝統料理店を後に一路名湯수안보(水安堡)スーアンポへ向かった。
 

Suanbo_spa수안보 온천 관광특구
수안보 온천 관광특구는 1000년의 역사를 자랑한는 유서깊은 한국 대표적인 온천 휴양지로 수온 53℃의 약알카리성의 라듐성분을 비롯한 각종 무기질이 함유된 온천수로 피부병, 부인병, 위장병 등 각종 질병에 탁월한 효능이 있으며, 각종 숙박시설과 레져시설을 두루 갖추고 있는 중부내륙 관광의 거점이다. 이밖에 탄산온천을 자랑하는 앙성온천과 유황온천으로 문강온천이 있으며 바로 옆에 블루밸리 스키장이 있다.

水安堡温泉観光特区
水安堡温泉観光特区は 1000年の歴史を誇る由緒のある韓国代表的な温泉休養地で水温 53℃の弱アルカリ性のラジウム成分を含む各種無機質が含有された温泉水で皮腐病, 婦人病, 胃膓病など各種疾病に卓越した效能があり,  各種宿泊施設とレジャー施設をあまねく取り揃えている中部内陸の観光の拠点だ. この以外に炭酸温泉を誇るアンソン温泉と硫黄温泉でムンガン温泉がありすぐ側にブルーバレースキー場がある.

続きを読む "韓国体験記(22) - 韓国の温泉へ(後編)"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年1月 8日 (月)

韓国体験記(21) - 韓国の温泉へ(前編)

 今回は、温泉を目指します。 (^O^)

 韓国にも温泉があることは聞いていたが、韓国の人たちはどんなお風呂にどのようにして入っているのか、テレビ番組ではシャワーしか見たことないし。 ホテルでもシャワーだし。

 では温泉では…?
 私の妄想は拡大するばかり。

 ラッキー、願えば叶うもの。
 

続きを読む "韓国体験記(21) - 韓国の温泉へ(前編)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

新年おめでとうございます

皆様、新年おめでとうございます。

皆様とともに、こうやって新しい年を迎えることができたことに深く感謝するとともに、この一年が皆様にとって幸多き年でありますことを心からお祈り申し上げます。

Sehe  
새해를 맞이해서 댁내 평안과 가족 분들의 건강을 기원합니다.

「新年を迎えて家内の平安と御家族の健康をお祈りいたします。」

そして、この1月3日という日は、私が「口惜しいけど韓流かつ」というブログを開設した記念日でもあります。

韓国語の勉強がてらに、おっかなびっくり始めたこのブログも、いつの間にか遊びに来てくださるお友達ができ、今では私の生活を潤わしてくれる大切なアイテムの一つになりつつあります。

皆様、本年もどうか「口惜しいけど韓流かつ」をよろしくお願いいたします。
そして、いつまでも楽しいお友達でいてくださるよう、よろしくお願い申し上げます。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »