« 東京へ向かう新幹線にて | トップページ | 韓国のニュースから‘特戦司令部’ »

2007年1月19日 (金)

東京から帰り(蛇足)

~ 1月 18日 の日記 ~

今、東京から新幹線に乗って戻っています。

会社で提出する出張報告書は書き終わったし、あとは帰るだけです。

韓国語もだいぶ市民権を得てきましたね。
Tokyo_icp1  Tokyo_icp2

 
帰りのPCから流れ出た音楽は、岩崎宏美(古いほうの”ひろりん”です。)

懐かしい歌声に脳味噌はとろとろに溶けてしまいました。
大好きだった”ひろりん”を久しぶりに聴きいて … 。

いま「聖母たちのララバイ」が流れています。
♪男はみんな傷を負った戦士♪
 ♪この熱い胸に甘えて~♪
うんうん、そうする、そうしたい。 (*^_^*)

次から次へと好きだった歌が…。
あー、頭の中が昔にタイムスリップしている。
疲れた体と中枢神経がミスマッチして、 遊離している。
不思議な心地よさ。 現実に戻りたくない。。。

でも、もう30分もすれば京都に着く。
そうすれば元の生活に戻る。 つかの間の夢から覚めます。

音楽って不思議な力を持っていますね。

|

« 東京へ向かう新幹線にて | トップページ | 韓国のニュースから‘特戦司令部’ »

コメント

岩崎宏美、歌上手いし、いい声だし、気持ちいいですよね。私も好きでした。「マドンナ達のララバイ」とか「思秋期」とか。。。(^^ )
あと、高田みずえも好きだったナー。「私はピアノ」とか・
ひゃ~~~懐かしいのなんの!

お仕事終えて家路に着くまでの間、こういう風にリラクゼーションしてるのねん<傷を負った戦士達は。
おつかれさま~~~~^^


投稿: chie | 2007年1月19日 (金) 15時22分

chieさん、
こんなのに反応してもらうと嬉しくて。。
ね~、懐かしいですね。
疲れ果てた時に全部忘れて浸る音楽ってまた格別ですよん。
新幹線に乗ったら呑んでる人もいますが、独りのときは
こっちの方がいい感じかも。

投稿: かつ | 2007年1月20日 (土) 02時31分

出張お疲れ様でした。

移動中の本を読んだりや音楽聴いたりが無ければ、出張は地獄ですよね。 かつさんが言われるように、日常から切り離された時間で、私も好きです。

新幹線の中で韓国語の勉強もされているのですね。さすがです。 ちょっとは見習わないとダメかな(^-^)

投稿: 夕凪 | 2007年1月20日 (土) 12時28分

夕凪さんこんばんは

そういう意味では、独りの出張は天国ですね。
仕事の内容によっては、そうも行きませんが。。。

私なんか、毎日の通勤ですら電車の中は楽しんでいます。

韓国語のお勉強は、私にとっては道楽ですから ^^;;
夕凪さんの読書こそ見習わなければと思いますよ。

投稿: かつ | 2007年1月20日 (土) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21114/4986282

この記事へのトラックバック一覧です: 東京から帰り(蛇足):

« 東京へ向かう新幹線にて | トップページ | 韓国のニュースから‘特戦司令部’ »