2007年3月11日 (日)

ミニコンサート&ワークショップ

昨日は、私が半年ほど前から所属している『日吉ヶ丘ギター・マンドリンアンサンブル』という楽団の『ミニコンサート&ワークショップ』というのが催されました。

先ずは、ご来場くださった方々、ありがとうございました。

Workshop2007
もちろん私もコントラバスで参加していましたが、思っていたより楽しい演奏会になり喜んでいます。
ついでにギターのアンサンブルにも参加してよい経験が出来ました。

続きを読む "ミニコンサート&ワークショップ"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年2月25日 (日)

ミニコンサートへのお誘い

今度の3月10日(土)に、

日吉ヶ丘ギターマンドリン・アンサンブル
「ミニコンサート&ワークショップ」が開催されます。

Concert0310 皆さん、おいでくださいね。

続きを読む "ミニコンサートへのお誘い"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

演奏会のお知らせ

『日吉ヶ丘ギターマンドリン・アンサンブル コンサート』 のお知らせです。

<< 京都文化祭典 '06 新しいまちのステージ >> の 一環としてコンサートを開きます。

2006年10月29日(日) 開場:13:30 開演:14:00
場所:京都市呉竹文化センター (京阪本線「丹波橋駅」西口前)
    http://www.kyotokaikan.org/kuretake/

Hiyoshi_panf1

続きを読む "演奏会のお知らせ"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

韓国体験記(6) - 珍しい食べ物 한국 식문화 의 하나

 以前にも書いたことがあるが、韓国で知らない食堂に入るにはなかなか勇気が要る。

 全部のお店ではないが、中が見えにくくなっているためだ。 また、日本の食堂みたいにショウウインドウが無い。(大都会は別です)
 字を読まないと何屋さんなのか分からないのだ。 何度か躊躇しながら思い切って入り口の戸を開ける。 ここからは先は野となれ山となれ。

  ~再びイチゴ畑~
Nonsan1  ある日、ホテルから15分ほど歩いたところに小ぎれいな食堂を見つけた。 その日は作業のため出張で来ている会社の仲間と一緒だった。
 ハングルを 読めるのは私だけ。 ナビゲーター役の私は格好をつけて先陣を切り、勢いよくお店の中に入らなければならなかった。

 さて何を注文したらよいのか。
 お店の前には、
”영양탕” と書かれた看板が立っていた。 それがこの店の得意料理に違いないし  タンはスープのこと。

 그럼 영양탕 을 주세요.  「じゃあ、ヨンヤンタン下さい」

 お店の人はなにやら一生懸命説明しようとしている。 なんとなくダックという言葉が聞こえたような気もする。 説明している手が肩幅ほどのものを つかんでみせる仕草。 「ああ、鍋を大きいのにまとめていいかって訊いてるんだ。」 「네, 궨찮습니다. (ネ、ケンチャンスムニダ) はい、いいです」
 まるっぽ出された青い唐辛子をかじりながら待つこと20分あまり。 目の前に並んだ料理はなぜか個人ごとの器だった。

Nonsan2  チョッと癖のある肉のスープ。
 「うーん、何だろなぁ。」
 「色は黒いし鳥でもないし、、」
 「ダックって言ってたからアヒルかなぁ、皮がちょっとゼラチン質。 豚でもないなぁ」   
 「でも結構いけるよ。」

 ということで、次の日に向こうの会社の人に聞いて絶句した。 最初クスクス笑って教えてくれなかった理由は、ダック。 韓国では食べると聞いていたものの、そんなこと頭の片隅にも無かった。 ワンワンと吠えるあの動物だった。

 その辺りでは、一応特産品だということを後から聞いた。
 確かに市場に行って注意深く探してみたら、その肉を売っている店が何軒かあった。 赤犬? 足の形はそのままだった。 スパッときられたどこかの断面なんて見たくないと思った。

 図らずして특이한 식문화 特異な食文化をこの身で体験してしまったわけだ。
 その噂はたちまち客先の各部署に広がり行く先々で「食べたんですか? どうでした?」と質問された。 
괜찮아요. 맛있어요.「大丈夫、美味しいです(そのときは、まだ韓国語で過去形が使えなかった私)」
 何でも経験してみたい私はそれなりに満足していたが、ペット愛好家の仲間はかなりショックを受けていたようだ。

================================
[ちょっと物知り韓国文化]
 韓国には
<삼복>サンポク(三伏)といって3回の복날ポンナル(伏日)があります。
 夏至から立秋に、初伏・中伏・末伏と日本の土曜の丑にあたる日があります。
 我が家も先週の日曜日に鰻丼を食べましたし、昨日会社であった研修会で出た昼食もうな丼でしたが、韓国では
복날ポンナルに問題の영양탕ヨンヤンタンか、삼계탕サムゲタン を食べるのだそうです。 時には鰻も食べるとの事です。

 영양탕ヨンヤンタンは、犬肉のスープですが、直接的な名前ではなく婉曲な名前で呼ばれています。 ヨンヤンタンは漢字で書くと栄養湯だし、ポピュラーな呼び方 보신탕ボシンタンは補身湯、別名멍멍탕モンモンタンはワンワン湯、これは直接的でチョッと茶化した呼び方。

 삼계탕サムゲタンは日本でも良く知られた料理ですが、若鶏の胴体部分を使い、内臓を取り出して、その代わりにご飯と朝鮮人参、ナツメその他の薬草などを詰め込みます。 これをスープの中で煮込んだ料理です。 一人で一羽分を食べます。 暑いときにフウフウいいながら大汗をかいて食べるのです。 美味しいのですが人参や薬草類が口に入ると、ゲッと苦かったりします。 私は何回も食べたいとは思いません ^^;

 夏の体力減退への対策として栄養食をとり、暑い夏に備える。 これは四季がある国の生活の知恵。 日本の慣わしと同じですね。

| | コメント (7)

2006年7月26日 (水)

韓国体験記(5) - 現地での食事<한국의 식사>

 논산ノンサンに出張中の食事は会社関係の人が食べに連れて行ってくることが多かった。 が、一人のときはその辺の食堂に勇気を出して突入するしかなかった。
 メニューなんて壁に貼ってあるだけで読めるはずもなく、ハングルが読めても(発音できても)何のことやら分からない。

 韓国に行きかけて何ヶ月かの間は、覚えたての韓国語で「しくさ・しくさ」と手でお椀の形を作るしかなかった。 たいていの食堂ではおばちゃんが色々工夫して料理を出してくれた。 しかも辛くないように気を使って。 それが難しいようだった。

 最初に覚えた韓国語といえば、안녕하십니까 アンニョンハシムニカ と 감사합니다 カムサハムニダ。 これは、まあお決まりの挨拶。
 
식사 (シクサ)食事、맥주 (メッチュ)ビール、화장실 (ファジャンシル)お手洗い。 これはもう生きていくために必要な言葉だった。 맥주 ビールはそうでもないかな(笑)。

 そのうち、美味しいとか、ご馳走様とか、辛くても美味しかったとか、大丈夫ですとか生活の言葉を覚えていった。

 平日のお昼ごはんは会社の食堂でお世話になった。

 会社の食堂では、ステンレス製のトレーでお子様ランチのように、左のくぼみ部分にご飯、右におかず、奥にはキムチ類と韓国料理には欠かせないスープの器を置く。 列に並んで順番にトレーに乗せていくやり方。 さすがに本場、辛いものが多い。
 質素な感じがするが、なかなか美味しくて、ご馳走になるのは嬉しかった。 辛いものといえば、口に入れるだけでむせてしまいそうなモヤシのスープ。 口中が火事になる鶏の辛煮(正確な名前は知らない)。 独特の風味、胡麻の葉。 それでも汗をかきながら皆でいただく社員食堂の昼食は街のお店では味わえないおふくろの味がした。
 食堂のおばちゃんは、私の顔を見ると韓国海苔を出してくれた。

 会社で働いている人たちは、寮から通っている事が多く、朝昼晩とも会社の食堂で食べているようだった。 私も仕事が遅くなるときはそこで夕食もご馳走になり、朝から進められて無理やり食べさせてもらうこともあった。

 自分で外に食べに行くのは、誰かにお世話にならなかった夕食と休日のことだった。

================================
[ちょっと物知り韓国語講座]
   
식사(食事) シクサ[しょくじ]
   
맥주(麦酒) メッチュ[ビール(ばくしゅ)]
   
화장실(化粧室) ファジャンシル[けしょうしつ]
これらは漢字語で、日本でも同じ並びのもの。 韓国ではほとんどの漢字語を音読みします。 日本読みの音読みと似ているので覚えやすいです。

 식사(食事) シクサは、ご飯のことです。 一般に食事のことを指しますが、狭い意味ではお米のご飯を指します。 焼肉の時などは、焼酎を飲みながら肉類を食べ、シクサを頼むとご飯と味噌汁が出てきます。 もちろん味噌汁も注文の品ですが。
 
맥주(ビール) メッチュは、値段がちょっと高くたいていの人は 소주 (焼酎)ソジュ を飲みます。 ドラマのなかで、うさ晴らしに屋台へ行って飲んでますよね。 日本人(私)にはビールは欠かせませんが、スープ物の多い向こうの料理には確かに 소주 ソジュ があっているかも知れません。 ビールは HOFF と書いたお店で飲むことが出来ます。 私は恐くて入ったことが有りません。
 
화장실(化粧室)ファジャンシル변소 (便所) ピョンソ のことですが、韓国ではやはり 화장실 ファジャンシルということのほうが多いです。

 日本語と似ている言葉といえば、도착 トチャク(到着) 무료 ムリョ(無料) 고속도로 コソクトロ (高速道路)などたくさん有ります。
 
계산 ケサン(計算・お愛想)もその一つで、お食事が終わったら大きな声で 「계산 해 주세요 ~.」「ケサネ ジュセヨ~.(計算してください)」と叫ぶと 「예~」「イエ~っ(はい)」といって計算してくれます。

 ついでですが、「ご馳走様でした」 は 「잘 먹었습니다.チャル モゴッスムニダ」 です。 でも韓国では通常この言葉をいう習慣は有りません。 おごってもらった時にこれをいいます。 だから先にこの言葉を言うと、支払いはあなたねぇ、と言っているようなことになってしまいますから、気をつけましょう。
 言うのであれば、「おいしくいただきました」「
맛있게 먹었습니다.マシッケ モゴッスムニダ」  「おいしかったです」「맛있었습니다. マシッソッスムニダ」 がまだましで、喜んでもらえそうです。

| | コメント (4)

2006年5月27日 (土)

韓国人は親日派?-反日派編(1)

<<親日派/反日派? 反日派は漢字嫌い>>

反日(排日)も結構すごいっていう話になりますが、
 漢字を排除する動きがあります(一部で)。
 漢字による記事を完全に無くして読者を増やそうとしている新聞があるそうです。

P5160045  韓国の新聞を見たことがありますか? 大半はハングルで書かれていますが、意味を持たない(注1)ハングルという文字を使った文章では直感的に大意を読みとりにくい部分もあってそんなところは漢字を織り交ぜて記事か書かれています。また見出し語は漢字を使用して内容をつかみやすくしている場合があります。漢字で書いてなくても漢字をふり仮名として使っています。
 そんな便利な漢字なのに帝国日本を嫌うあまりに、排除しようとしているのですね。

 もちろん合理的な考え方もあるようで、この十年ほど前にはやめていた漢字の教育を逆に義務教育として復活させる話もあるということを聞きます(注2)

(注1) ハングルが意味を持たないというのは厳密に言うと嘘です。文字の意味はありませんが、文字の各部位にはそれぞれ陽/陰,大地/人 などの意味があるようです。

(注2) 韓国の漢字教育については勉強していないので正確な表現になっていません。誰かから聞いたことですから鵜呑みにしないでください。

 これは私の経験ですが、韓国の旧跡を訪問すると、古い案内板(歴史的な謂れを書いた解説)などは漢字で書かれています。
 韓国人と一緒に旅行したら、韓国の案内板なのに日本人の私が読めて韓国人の彼が読めないなんて面白い現象も経験しました。彼は漢字を勉強さされなかった世代の人なのでしょうかね。すこしもったいない気がします。

Pb110031  漢字だってそんな大切な自国(韓国)の文化のはずなのに、日本が主に使用しているというだけで(注3)漢字を嫌がってしまうのですねぇ。

 もっと肯定的に自国の文化を守ってほしいと思いますね。
 かつては、中国→韓国→日本 と文化が伝来した時代もあったのに。
 日本の兄の国、韓国なのに。
 ハングルは確かに朝鮮オリジナルで純潔ですが、もともと漢字の国なのですよ。
(注4)

(注3) 本当は日本が漢字を使っているからではありません。戦争のときに韓国語を排除して日本語を強要したことが嫌われる理由になっています。それだけではないでしょうが…。

(注4) 韓国は漢字の国です。日本と同じく中国から文字を輸入した国です。ハングルは
『ハングル (한글/Han(-)geul/Han'g?l) 、朝鮮文字(チョソンムンジャ)は、朝鮮語(韓国語)固有の表音文字であり、1446年に李氏朝鮮第四代世宗が、「訓民正音」(훈민 정음/Hunmin Jeong-eum) として公布した。』(ウィキペディア)
ですが、これを事実上、韓国の標準の文字としたのは日本の政府です。日帝時代に政府が義務教育を実施し、ハングルを必修にして定着させたのです。その後、戦争が激化しそのようなことを言っておれなくなり、日本統治下にあった韓国にも日本語を強要したのです。だから、日本語を排除するなら納得性がありますが、漢字を排除するのはおかしいです。極論すれば漢字を排除するのならハングルも排除されてもおかしくないと言うことになってしまいます。

 それに日本の漢字文化を韓国から抹殺するのはおそらく不可能に近い仕事でしょう。
 中国→日本→韓国 という文化の流れもあったのです。
 漢字を消し去っても韓国で使われている役所関係の言葉はほとんど日本で生まれた漢字語なのです。それをすべて(韓国語の発音で)音読(オンヨミ)みにしているだけなのです。ほかにもかなりの日本漢字語が日常生活に浸透しているということです。

 日本からの外来語もスゴイですよ。お店に行ったら最初に出てくるおかずを「ツキダシ」といいます。ビリヤードやりながら彼ら「ツキ」「ヒキ」って言ってます。まあ、「イジメ」や「サクラ」は新しい外来語だからそのうち消えるかも知れませんが。。

 ついでの話ですが、逆のパターンとして私たちが日本語のように思っている「チョンガ(独り者)」や「チャリンコ(チャジョンゴ自転車)」なんてのが韓国語だというのはあまり知られていませんね。

 だから、自分が今使っている言葉まで日本嫌いだからって否定しないで『今』を見てほしいと思います。反日派の方、もっと大きな心で反日してくださ~~い!
文化だけは捨てたら戻ってきませんよぉ!

|

2006年5月26日 (金)

韓国人は親日派?-微妙編

韓国人は親日派?-微妙編

<<親日派/反日派? 公となれば反日派>>

 思想的な意図はありません、韓国好きの目で「親日派/反日派」をお題に経験談を紹介しています。

P4050010_1  さて、韓国のどのあたりが反日かというと、
血気盛んな活動家たちの反日運動、それを取り上げ、助長し、大半がそれであるかのようにまくし立てるマスコミ。世論を気にし、強硬派の氾濫を恐れて声明を発表する大統領に政府陣。

 もちろん普通に道を歩いている一般人もインタビューされればニッポン嫌いですと答えます。
 状況は日本においても同じことだと思うのです。

韓国の人たちは言いました。
 取引先の女の子
  ……「日本人は好きです。でもね、日本の国は嫌いなのニュース見てたらそうでしょ。(涙)!?!? (酒入っているときの話です^^;)」
 
たまたま知り合った人
  ……「今の時代は、お互い仲良くしなくちゃ。僕、日本の××と○○行ったことあるよぉ。日本好きだよ。若い人は排日なんて意識、全然無いんだから。」
 
お世話になったホテルの親父
  ……「娘をアメリカか日本に留学させたいんだ。なぁ、日本の学校はどうだ? でもな。戦争のときのことを思い出すと気持ちはすっきりしないよ。」
 
取引先の部長
  ……「歴史の問題は自分には関係ないけど、、、うんここでは関係ないんだから。(チョット引っかかった様子。)とにかく発展的にいい仲間になって、交流を深めよう。私もずいぶん日本に行っていたんだ。」

そういうことでしょ。
 『私は韓国の国民だから、皆が思っているのと同様に、私も日本を許してはいない。』 そういうことなんですよ。

ああ、微妙。
確かに私も韓国人大好き、韓国大好き。でも韓国政府は嫌ぁ~っ。
そういいながらマスコミからの一部の情報しか持っていない。

| | コメント (2)

2006年5月25日 (木)

韓国人は親日派?-親日派編(1)

<<親日派/反日派? 今どき市民は親日派>>

 私の経験を元に韓国と韓国人が「親日派」か「反日派」かをダラダラッと論じてみます。

P5130035  以前に、「ペ・ヨンジュンも反日派なんですよ!」 という書き込みがありました。
 当たり前なんじゃないでしょかねぇ。
ヨンサマが反日派なら、ジウ姫だって、ソナチャンだって皆反日派ですよ! きっと。
笛木ユミ(ユミン)はもちろん親日派。

 かの檀君神話から生まれた民族総家族の国民たち、生まれたときから、いやお家代々教わってきたことがそう簡単に覆るはずも無いでしょう。もちろん神話の昔から反日だという意味ではありません。一旦そう思い込んだら簡単には変わらないという意味です。日本だって同じことでしょう。でも日本は60年前に一度コテンパンにやられて解体。アメリカ人の手による再建計画を実行していますから、そのあたり弱くなっていると思いますが。

 しかし、実際に韓国に行って、向こうの人たちと接してみると、事情はまったく異なります。日本を訪れた韓国人も大抵は同じように感じるのだそうですが。
 私がビジネスのために訪韓しているせいかも知れませんが、相手の人はいたって普通です。話す言葉が違って、外国人だから少し緊張するほかは国内で出会う日本人たちと何ら変わりません。知り合いになってしまうと、それこそ国内の友人と同じように付き合えます。

 知り合いでなくても、道で出会う人々の親切なことといえば、私の知りうる限り一昔前の親切日本人の比ではありません。これは日本人に対しても区別無く親切です。いえ、日本人に対しては特に親切です。

 たとえば私の経験した内の極端な例ですが、道でであった若い女の人に観光本にのっていたクッパのお店を知らないかたずねてみると当然のように「知らないよっ」て冷たく一言、どこかに行ってしまいました。結局お店も見つからないまま2~30分歩いていたら先ほど出会った女の人とまた出会ったんです。なんとその人、尋ねたお店を探し出してくれて、おまけに私を捜していてくれたんですよ。

 そのほか私の知人の話ですが、道を尋ねたらバスに乗せてくれて(お金も払ってくれて)その人も一緒にバスに乗って、そこまで連れて行ってくれたというではありませんか。

 こんなことを経験すると韓国の市民って、きっと親日派なんだって思ってしまいますよ。ありがと~っ。

| | コメント (4)

2006年5月17日 (水)

美容室・韓国と男女感

 では今から韓国でも「男性が美容室に行く」という、つまらない話しをするぞ。

 誰も読まないと思うが、もともと私のブログはこういうブログだったはず。いつの間にか映画ブログのようになってしまった。 それはそれでいいんだけどね。

 さて美容室というと、中学生の息子が初めて美容室に行った。 カットしてくれた人が「こないだ(あなたの)お父さんのカット担当したよ」と言っていたらしい。 なんだか恥ずかしい。
 ここ暫く理容ではなく美容室に通っている。 まず、予約制になっているのが嬉しい。 散髪屋さんだと待ち時間が長く下手をすると一日仕事になってしまう。
 それからお店の柔らかいムードが良い。 もともと女性を対象にしたお店という印象があって少し気は引けるのだが。

 ところで韓国の男性は美容室に行くのかというと、我々と同じように普通に行くのだそうだ。 この話を聞いたときには意外に思った。「男は男らしく、女は女らしく」といことが美しいとされるお国だから、男性が女性の縄張りに入り込むようなことは無いかと思っていた。

 韓国の街を歩くと、特にソウル以外の街で、ほとんどの店舗は中が見えにくく、特に飲食店にあっては玄関の戸をあけなければ中の様子が全く分からない。 一般の食堂に入るという行為は我々日本人には勇気のいる技だ。 それだけクローズな雰囲気のお店が普通。 それになれたシャイな彼らがソウルで見かける明るくオープンなガラス張りの美容室に入る姿は想像しにくいのだ。

 男女の区別が日本以上にはっきりしているみたいだし。 お風呂の混浴なんてのは考えられないという話はまだしも、どこかで読んだ本によるとプールに一緒に入るのもはばかられるのだとか。(いつの時代の話かは知らないが。)
 そういえば先日、韓国人の知人が銭湯の前を通ったとき「男女が一緒に入るのか?」と私に訊ねたが日本の外風呂は全部混浴だと思ってるの?

 余計な話はともかくとして男女の間には日本とは違う高いエネルギーレベルの壁があるのだ。
 歴史の根底に流れる儒教の教え。その影響を根強く残している韓国という国。男尊女卑の考えは急速に薄らいでも、そのころの後遺症は日本とチョット違った男女間の化学反応が生じるのだ。
 という戯け話は、私独りの勝手な思い込み。そして大きな誤解なのだろうか。

 美容室にて思いにふける…『韓国と男女感』…ふむむ。

| | コメント (9)

2006年1月 4日 (水)

새해(セへ)

Butai_1  새해를 맞이해서 댁내 평안과 가족 분들의 건강을 기원합니다. (セヘルル マジヘソ テンネ ピョンアングァ カジョッブンドゥレ コンガンウル キウォナムニダ)

「新年を迎えて家内の平安と御家族の健康をお祈りいたします。」

 ということで、今日は会社の新年交歓会に出席した。 従業員のための交歓会に引き続いて取引先の新年会。 大勢の方々が会社を代表してご出席くださった。

 今日は各地、各社でこのような行事が執り行われたのでは無いだろうか。 しかし従業員の部への出席者は私の年代以上のどちらかというと古参の部類に属する人間と未だ純心無垢な新入社員たちがほとんどで、新入社員の出席率も年々減少しているように思える。

 他の会社でもおそらく同様の傾向なのだろう。 いや本当に同様なのだろうか? 同じメーカでもNo.1市場を捕まえるような一流会社ではまた違った様相が展開しているのかも。。

 ところで海外ではどうなのだろう。

 もちろん欧米ではお正月なんて関係ないだろうけど、中国や韓国でも同じような行事があって、同じように不参加組みが増加の一途をたどっているのだろうか? 興味がわく。

 そういえば、韓国や中国では1月1日の新暦のお正月は2,3日休みがあるだけで、家族親戚が集まってお祝い事をするのは旧暦の正月だと耳にしている。 新暦で正月を祝っているのは日本ぐらいのものだとか。。

 では、なぜ日本は新暦なのだろう。 確かにどの国もカレンダーは新暦の物を使用しているし、日本のやり方は尺度を一本化していて合理的ともいえる。 しかしアジアの人たちとの交流を経験して感じること。 日本だけ何故古い伝統を棄ててしまおうとしているのか。 日本で生まれて日本で育ち、何も疑うことなく日本の風習を正常と思ってきた。 日本はアメリカに合わしているのかどうか知らないけれど、その前にアジアの歴史ある一国であることをもっと大切にしなければならないのではないかと思う。

 既に日進月歩の時代は終わった。 じっくりと考えて人間の生き方にあった社会を形成していく時がきている。 同時にもう一度アジアの地で築き上げてきた文化を見直し、本当の日本はどうあるべきなのか考え直すときが来ているのではないだろうか。 また、一般の人たちがそのようなことを感じられるような、教育やマスメディアの活動が重要なのではないだろうか。

 念のため、私は右や左の思想化ではありません。 普通の会社づとめをしている電気系の技術者です。 何度か韓国、台湾などに出張することがあり、その影響を受けてアジアの文化に興味を持ちつつあり時々思うことを書いてみました。

 私の疑問に答えを持っていらっしゃる方などおられましたら、お教えください。

| | コメント (0)