2007年2月 4日 (日)

된장녀 味噌女~韓国語ジャーナルから~

 韓国語ジャーナルの最新号で、味噌女についての記事がありました。
 というか、まだ読んでいないのですが、付録のCD(Voice of KJ)でそのことについてイム・ジュヒさんがしゃべってました。

 「된장녀 テンジャン(味噌)女」 … どこかで聞いたことがあると思って考えていたら思い出しました。 
 何ヶ月か前に、『日本、韓国バイリンガル日記(朝の香り)』のmadray さんが取り上げられていたのでした。
http://madray1.exblog.jp/5255339/

韓国語ジャーナル 第19号 (19) 韓国語ジャーナル 第19号 (19)

販売元:アルク
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "된장녀 味噌女~韓国語ジャーナルから~"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

『リサイクルしてはいけない』武田邦彦著

 既にいつのことか解らなくなってしまったが以前に夕凪さんが紹介されていた(夕凪さんのblog日々のつぶやき 一緒に人生楽しもうぜ)  武田邦彦氏の 『リサイクルしてはいけない』 を読んだ。

 まずは、非常にセンセーショナルな標題である。 そして、地球環境問題の改善に貢献する製品開発を志とし、リサイクルしなければならないと信じ込んで日々過ごしている私にはショッキングだった。 それだけに興味津々で読ませていただいた。

環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない Book 環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない

著者:武田 邦彦
販売元:青春出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

長文注意

続きを読む " 『リサイクルしてはいけない』武田邦彦著"

| | コメント (2)

2006年3月20日 (月)

「新妻ヨーコちゃんの韓国暮らし」

ソウルで新婚生活。 韓国暮らし(たがみ ようこ著)」 面白かった。

ソウルで新婚生活。―新妻ヨーコちゃんの韓国暮らし韓国の男性と結婚した著者が韓国の文化に触れ、日々訪れる驚きと感動を本にしたもの。 4コマ漫画とエッセイをセットにして見開き1ページで一話になっている。
もともと著者は漫画家や作家ではないようだが、単純な絵がなんとも愛嬌があって、、それに韓国のことを愛する彼女の言い回しに嫌味が無く読んでいても気持ちがいい。

韓国の日本語学習サイト"일본어닷컴" イルボノ(日本語) ドットコムで連載していた漫画をまとめて本にして出版されたものだとか。 韓国では結構話題を呼んだようだ。 私が読んだのは、それを日本語に直して逆輸入?されたもの。 韓国のサイトで連載された漫画を見ることができます。 "일본어닷컴"での本の紹介はこちら

韓国に一人で何週間か出張したときの事が思い出される。 すんごく優しい人と人とのふれあい。 男の私でも気を抜くと吹っ飛ばされそうになるバスのスリル。 道を聞かれて自分は韓国人に見えるんだぁって喜んでみたことなど。
少し韓国を知っている人が読むと面白いのではないかと思う。

Daum shop 図書 での 김미경(キムミギョン)さんのレビュー「(2006-02-01)다른 나라 사람들은 우리나라 사람들을 어떻게 볼까? (他の国の人たちはわが国の人たちをどうみているのか?)」を引用させてもらおう。
----다른 나라 사람들은 우리나라 사람들을 어떻게 볼지 궁금하다면 이 책을 보자. 귀여운 그림체에 한국사람들에 대한 생각이 적혀 있는 책입니다. 아~맞아 하며 즐겁게 보게 됩니다. 이런 점이 당연하다고 생각했는데 다른 나라사람 눈에 특이하다고 생각 되는구나 하는 신기한 느낌이 들기도 합니다. 작가분이 너무 귀여우세요. 2탄도 나왔으면 합니다. 또 옆에 일본어로도 써 있어서 일본어 공부도 된답니다.----
----他の国の人たちが私たちをどう見ているのか気になるならこの本を見よう。可愛い絵で韓国人に対する考えがかかれている本です。あ~そうそうと言いながら楽しく見れます。こんなことはあたりまえだと思っているけれど外国人の目には特異に見えるんだなって不思議に思えたりもします。作家の方はすごく可愛い方ですね。第2弾が出たらいいのにと思います。直ぐ横に日本語でも書いていて日本語の勉強にもなります。----
その他この本を読んで日本語を勉強してみようかな~って思ったという感想文もあった。

ヨーコちゃんへ、
韓国での生活がんばってくださいね。
見知らぬ人ながらも影ながら応援しています。

민구 씨에게
안녕하십니까. 저는 일본 아저씨입니다. 그냥 인터넷을 보거 있어서 민구 씨 페이지에 우여히 만나버렸습니다. 같은 테마로서 운명히 만남미라면서 트랙백을 보내드리겠습니다.
ミングさんのブログにトラックバックしています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)